fc2ブログ

あっちも、こっちも、やれやれでした。

こんにちは、心子です。

「同級生が亡くなったの。実家の隣で、世話になった人だから、お線香を上げたいの。車で連れてっとくれ。」
新聞のおくやみ欄を見ていたハハ・87歳が、新聞から顔を上げて、そう頼んできました。

コロナ禍のため、親族であっても参列に制限がある世の中です。
ハハの希望を真に受けて、連れて行ってよいものか、どうか。
しかも、車で40分かかる斎場です。

「式場で会った同級生達とお喋りして来るから、オマエは、待ってないで先に帰っていいよ。アタシは、誰かの車に乗せてってもらって帰るから。」
「オバアチャン、今時の告別式はね、斎場で受付したら、座らずに直ぐにお焼香をあげて、そのまま出て行くんだよ。」
「そんなことはないよ。誰かに行き合うよ。」

それに「誰かの車に乗せてもらって帰る」って・・・、87歳の同級生で、車を運転出来る人がいるの?
まあそれは、口にしないでおきましたけどね。

説明しても納得しないので、連れて行って、現実を受け入れてもらうしかありません。
斎場の入り口付近に車を止めて、数分後にお焼香を終えて出て来たハハを、再び車に乗せて、さっさと連れて帰って来ました。
「本当だ、オマエが言った通りだった。入り口でお焼香で、親戚の人が何人か座ってただけで、誰にも行き合わなかった。」

ハハ・87歳は、時々、過去と現在を、錯綜してしまうようです。


バアチャン、疲れたって言ってたでしゅよ。
IMG_9094.jpg


急な留守番で、すねてフテ寝していたライム。

あっちも、こっちも、やれやれな1日でした。




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
1960年生まれ、健康で真面目なふりして生きてます。子供2人を帝王切開、1992年に乳癌ステージIIbで手術&化学・放射線治療、2017年には、大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。戦国武将に劣らない傷痕だらけの身体が自慢(?笑)。残る人生、楽しむだけに費やしたい。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村 あのね、心子さん。 - にほんブログ村
FC2カウンター