FC2ブログ

心臓血管外科、受診日

こんにちは、心子です。

今日は、年に一度の心臓血管外科の受診日でした。

車を運転して、高速道路を利用して40分の病院へ、行って来ました。
高速道路を時速80キロの定速で走るトラックを、時速100キロで追い越していく、心子さん。
しかも、運転してる車は、軽自動車・日産MOCOです。(高速料金が安く済むから)
軽自動車ナメんなよ~、おばさんを、ナメんなよ~ッ!ってね。 笑
平日の高速道路は、空いているので、グングン走れて快適です。

さて、検査&受診結果です。

先ずは、気になっていたγーGTPは、3週間も断酒したにも関わらず、数値は下がりませんでした。
2月は99→今回は96でした。この3差は、誤差の範疇と理解しています。
つまり、飲酒はγーGTPに影響していなかったってことですよね。
IMG_7988.jpg

UCG(心臓超音波検査)では、大動脈弁の逆流は、ほとんどありませんでした。
術後4年経ち、こちらは順調です。
ところが、三尖弁の逆流レベルⅢに上がっていました。
術前の三尖弁はレベルⅠでしたが、手術はしていません。

心臓血管外科の医師と話しながら、原因を色々と探ってみました。

去年、利尿剤フロセミドの量を半分に減らした。
    ↓
減らした理由は、「尿酸値、クレアチニンが上がり、eGFRが下がった、つまりは腎臓の働きが悪くなった」
    ↓
その後、徐々に体重が増加。塩分摂取量は特に変らず、浮腫はない。
    ↓
9月にBNP159だったのが、その後、300を越えるようになった。
    ↓
利尿剤の効用が減少し、体内水分量が増え体重増加、心臓に負担。
    ↓
三尖弁の逆流

そんな、仮説に行き着きました。

BNPも先月よりも更に上がって、394.3でした。
生活も食事も、過去最高に恵まれた状況にあるにも関わらず、上がっていきます。
これも、上記の仮説が影響しているのかも?
IMG_7989.jpg

EF(左室駆出率)は29%、良くありません。
胸郭比は49%で、なんとかOK。しかし、心臓の形が丸くてイマイチです。

改善の手段として、「利尿剤の処方」と話しが進みました。
処方は、6週間毎に通う、地元の総合病院の循環器科主治医が、出します。

心臓血管外科医から、循環器科の主治医への診療情報提供書に、いつもの検査結果だけでなく利尿剤の提案にも、触れてみてくださることになりました。この2つの科は、別々の病院ですが、医師は互いに面識があり、大学医局などを介して顔見知りだったことに、助けられています。

2つの病院、2人の医師の間を、上手く渡ることは、患者としても気をつかいます。

午前10時半に家を出発して、高速道路40分~検査~昼食~診察~会計~帰路は一般道1時間10分を、のんびり運転して、帰宅は夕方5時を過ぎていました。年に一度と言えども、一日掛かりです。心臓血管外科のある病院が、もっと近くにあればいいのになぁ。

帰宅後、洗濯物を取り込んで、ライムの散歩を済ませて、風呂から出たら、もう7時でした。
夕飯は、コンビニ弁当とビール。
春限定のピンクのスーパードライです。春を飲んでやる~♪

IMG_7987.jpg

3週間ぶりのビールが、疲れた体に染み渡っていきました。






  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
健康で真面目って、意外と努力が必要なことなのね。2017年3月に大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
FC2カウンター