fc2ブログ

階段から落ちたハハ・86歳

こんにちは、心子です。

ライムの下痢が、すっかり治りました。
当犬も良く眠ってくれて、安心、安心。
心子さんも、久しぶりにぐっすりと眠ることが出来るようになりました。

んが、しかーし!
ほっとしたのも束の間で、神様は平穏な日々を、心子さんに与えることをお忘れのようです。

昨日、ハハ・86歳が、自宅の階段から落ちました。
下から3段目くらいから落ちました。

「1日経って、我慢できないほど、眠れないほど痛ければ、明日お医者に連れて行くから、静かにして様子をみてね。」
そう言って、湿布薬を渡しておきました。
けれども、ハハはその後、リュックを背負って買い物へ出かけていました。

「押し車か、杖をついて、歩いた方がいいよ。」
そう忠告しましたが、
「押し車は、年寄り気に見えるから嫌。」とのお返事でしたよ。(^_^;)

当の本人は、痛みよりも、階段から落ちた自分自身が悔しくて、ショックのようです。
「このスリッパが滑ったからいけないんだ。」
そう言って、スリッパ無しの生活始めてます。苦笑

「整形外科へ行ってレントゲンを撮って診てもらった方がいいよ。」そう言いましたらね、
「行って診てもらっても、どうせ湿布薬だけだから同じさ。」と、聞く耳を持ちません。

昭和ヒトケタ生まれのオンナの意地と根性には、口出ししないと決めていますので、
「痛くて我慢できないから、医者に連れてっておくれ。」と、
ハハから言い出すまでは、こちらからは余計なことを言わないことにしました。

大好きなグランドゴルフへ行くのを忘れ、今日は健康体操教室を休みました。
痛みを我慢しているのが、見え見えです。

本人の痛みの心配もさることながら、これをきっかけに”ボケ度”が増すことの方が、気がかりな心子さんです。





  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
1960年生まれ、健康で真面目なふりして生きてます。子供2人を帝王切開、1992年に乳癌ステージIIbで手術&化学・放射線治療、2017年には、大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。戦国武将に劣らない傷痕だらけの身体が自慢(?笑)。残る人生、楽しむだけに費やしたい。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村 あのね、心子さん。 - にほんブログ村
FC2カウンター