FC2ブログ

幸せな土曜日って、案外に普通です。

こんにちは、心子です。

穏やかに晴れた、暖かい土曜日でした。
何の予定もないこんな休日は、案外素敵な日になるものです。

孫3歳のオモラシとライムのゲロゲロで、汚れた敷物。
相方の加齢臭とライムの犬臭が、混じり合ったシーツやカバー。
大物を思い切り洗うことが出来ました。

洗濯物が乾くまでの間を、勝手に自分時間にします。

primeビデオ見放題で「11人もいる!」を、ようやく観終わりました。


主演は神木隆之介、脚本が宮藤官九郎で、普通に笑えてちょっと感動もする、面白いドラマでした。

タイトルが、気になったので調べてみたら、
Wikiに「タイトルは、萩尾望都の漫画『11人いる!』のパロディーになっている」と、ありました。
『11人いる!』は、宇宙船が舞台になった当時の少女漫画にしては、奥深いセンセーショナルな漫画でした。
官九郎さん、萩尾望都にちょっと失礼ですよ、と思いつつも、純粋に楽しみました。

平日の昼間は、孫達がわらわらと居るので、これを全話観終わるまでに、かれこれ2週間くらいかかりましたね。

ドラマを観終わってからは、これまた勝手に読書時間。
先日に購入した「歎異抄をひらく」を、読み始めました。



アタシ、何故この本を買ったのかしら・・・?

文字も大きく読みやすい構成になっていますが、読み切らない予感が、すでにあります。
IMG_5106 (編集済み)


五木寛之の「親鸞」を読んで、触発されてしまったのかもしれません。


物語は、物語のままにしておけばよかった。

久しぶりに、静かな落ち着いた日。
洗濯物も良く乾いて、家中の換気もできて、安心して深呼吸した1日でした。

幸せな土曜日って、案外に普通です。






スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

こんにちは(*´ω`*)。

お疲れ様ながら、いい土曜日だったんですね。でもずいぶんと忙しそう・・・。

宮藤官九郎さんの脚本はいつも面白いですよね。この作品は見たことないのですが、「ゼブラーマン」を昔見てむっちゃ面白かったのを覚えております。

五木寛之さんの「親鸞」。新聞小説での連載をどきどきしながら読んでおりました。黒面法師はじめ悪い連中たちとの善悪入り乱れての活劇要素もある一方、命のはかなさが重いお話でした。

「歎異抄をひらく」、とってもいいですね(*´ω`*)。

Re: No title

こんにちは、home in my shoes さん♪^^

ゼブラーマン、DVD借りて観た覚えがあります。
哀川翔ですよね、笑えましたね、面白かった。
あれも官九郎さんの脚本だったのですか。

つい勢いで買ってしまった「歎異抄をひらく」は、今では導眠剤になっています。
そのうちに、枕元に積ん読の一冊になることでしょう。(^^;)

くまちゃん&こまちゃん、楽しく拝見しています。
毎日、お忙しそうですね、どうぞ、ご自愛くださいませ。

プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
健康で真面目って、意外と努力が必要なことなのね。2017年3月に大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
FC2カウンター