FC2ブログ

心臓血管外科、受診日(その1)

こんにちは、心子です。

2017年3月に、自己心膜を使用した大動脈弁形成(再建)術と僧房弁形成術を受けてから、丸2年が経ちました。
本日は、年に一度の心臓血管外科外来の受診日でした。

検査メニューは、
採血、レントゲン撮影、心電図、心エコーです。

結果は、
胸郭比は49%で拡大なし判定。
BNP値は、235・9まで下がっていました。
2月19日の循環器受診時の結果が、250でしたから、順調に下がっているのかもしれません。

2019-3心外3

心エコーの結果と所見が書かれた用紙をプリントアウトしていただきましたが、省略されたアルファベットの羅列だらけで、何が何だか分かりませんでした。分かる部分だけ写真に撮って、備忘録としてこのブログに残します。

大動脈弁の逆流はtrivial(ささいな)とあります。
術前はⅢに近いⅡと言われてましたから、素晴らしい結果で嬉しいです。

僧房弁は、術前のⅡ→Ⅰへ。

三尖弁は手術していませんが、
術前の検査ではⅠだった記憶がありますが、Ⅱになってます。

2019-3心外2

EF(駆出率)は、相変わらず26~30%くらいだそうです。
心臓血管外科医いわく「主観の入る判定だからね~」だそうです。
患者としては、EFとBNPが、一番目安にしやすい数字なんですけどね。

「一年前に比べたら、随分と楽に動けるようになりました。ゆっくり自分のペースならば、日常生活に支障はありませんよ。」って、話したら、とても嬉しそうな顔してました。

ベッド数が500床以上の、県内で大きい病院の1つですが、この心臓血管外科医は、年に一度しか受診しないにも関わらず、心子さんのことをきちんと覚えている様子で、穏やかで感じが良くて話しやすいです。最も、自己心膜を使用した弁形成術の年間症例が少ないから、覚えやすいのかもしれませんね。

ただね、この医師は、ちょっと早口。笑
医者って、早口の人が多い気がします。
頭の回転が速いから、喋りも早いのかな。

いつも掛かっている地元の総合病院の循環器科と、心臓リハビリの医院宛てに、本日の結果と所見を郵送していただくことにして、また一年後の検査と予約を入れて、終了となりました。

お疲れ様でした、心子さん。




心臓・血管・血液ランキング

50歳代ランキング



スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
健康で真面目って、意外と努力が必要なことなのね。2017年3月に大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
お気に入り
PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
FC2カウンター