fc2ブログ

読書日記「しつこく わるい食べ物」

こんにちは、心子です。

去年の秋から何度か図書館で本を借りましたが、色々とあって読み切れないままに返却してました。
ここにきてようやく、本を読む時間を作れるようになりました。
やっぱり、読書が好きです。文字を追いながら、脳みそと心を別世界へ運んでくれます。


「魚神(いおがみ)」、「しろがねの葉」を読んで以来、作家・千早茜のファンになりました。
そこで今回、図書館で借りたのは、千早茜のエッセイ「しつこく わるい食べ物」です。

IMG_5594.jpg
表紙だけでなく、北澤平祐氏の挿画が本の中にも所々あり、その雰囲気が気に入りました。

作者の食にまつわるエピソードが、視点が、面白かった一冊です。

「闇カツ」では、豚の脂身が苦手な作者が、どうしてもトンカツを食べなくてはならない時の覚悟を、ロシアンルーレットか闇鍋かと唱えています。自分も、ロースカツの片側によった脂身の部分はあまり好みでないので、全部がサクサクしてるヒレカツを選ぶことが多いので、この気持ち分かるわ~と、思わず同感しました。

麺類をすすれない作者が、蕎麦屋のはしごをするくだりも、クスクスと笑えました。
背筋を伸ばして、器を手に持って食べる。まあ、かけ蕎麦ならあり得ますけど。
やっぱり蕎麦はすすり上げた時に、風味を感じるように思えますが。。。

パフェがエロいって?! そこに行きつく過程を読みながら、自分も一心不乱にパフェを食べたくなりました。

この本の最後の方では、コロナ禍での食べ物の話しに行き着きます。2020年4月、5月の頃ことです。
当時のコロナ禍を思い返せば、色んな思いが沸き返りますけれど、自分自身の中では、コロナ禍は外食には不便したけれど、食べるこには困らなかったことが、救いになったと思えます。
それらを、嫌味なくさらっと書けるのは、やっぱり小説家魂だわと感心して、読み進みました。

「魚神」では、閉ざされた小さな島の姉と弟の生き様を、「しろがねの葉」では、戦国末期の石見銀山で働いた孤児の少女の生き様が書かれていました。そんな繊細で独特な世界観を書いた作者が、最も現実的な食べ物に関してのエピソードを書き綴ったエッセイです。そのイメージのギャップ?を感じつつ、久しぶりに軽快で楽しく本を読みました。


タイトルの前に ”しつこく” とあるのは、このエッセイが「わるい食べ物」シリーズの第二弾だったことに、借りてから気がつきました。第二弾から読んでも面白かったですが、やっぱり第一弾を読みたいです。ちなみに、この ”わるたべ” シリーズは、第三弾「こりずに わるい食べ物」まであるようです。

次回、図書館へ行く楽しみが出来ました。






にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へあのね、心子さん。 - にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

読書

作者の!” 生きざま ” 
何を見て、何を感じて生きたかを知る事の出来る方法、
読めば、人柄や人としても成長の度合いさえ浮かんで来る様です。

同じ本を何度も読み返して、その感想が違ってくるのは読み手の度量が変わって来たせいだろうと、
自分の ” 成長? ” さえ見えて来る様です。
だから、読書は素敵な趣味なんですね。

ヒトリの作家の本を読み続けると作家の成長まで見えて来る様です。
ステキな趣味ですね。

Re: 読書

こんにちは、マーニさん♪^ ^

私は、気に入った作家さんに巡り合うと、その作品を立て続けに読む傾向にあります。
以前、椎名誠のエッセイ探検隊シリーズにハマった時は、本気で釣りをしたいと思いました。
出来なかったし、しなかったけど。(^◇^;)
歴史小説にハマって以来、お城巡りを始めました。
最近は、千早茜の作品を読みながら、別世界を味わってます。
読む速度や集中力は落ちましたが、読書はこの先、目が文字を追える限りは続けたいです。
プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
1960年生まれ、健康で真面目なふりして生きてます。子供2人を帝王切開、1992年に乳癌ステージIIbで手術&化学・放射線治療、2017年には、大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。戦国武将に劣らない傷痕だらけの身体が自慢(?笑)。残る人生、楽しむだけに費やしたい。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村 あのね、心子さん。 - にほんブログ村
FC2カウンター