fc2ブログ

昔のお行儀と、最近のお行儀

こんにちは、心子です。

9月30日(土)に、孫達の小学校の運動会が無事終了しました。
心子さんは、パートのお仕事でしたので、見学には行きませんでしたが、相方が一人で張り切って行きました。
1年生、4年生の孫達、両者ともに徒競走が1位だったと、仕事中にLINEが来ました。ビリでもいいからきちんと最後まで全力で走りなさいと、孫達に言い聞かせてた心子さんですが、反して男って奴は、勝敗にこだわる生き物ですね。

そんな勝敗よりも気になるのは、「お行儀」です。
自分が子供の時代は、ちゃぶ台に座布団が基本生活パターンでした。正座してご飯を食べ、肘をついて食べるなと注意され、食事中はテレビを消されて、本を読むにも背筋を伸ばせと言われ、生活習慣に「お行儀」はついて回ってました。

最近では、テーブル&椅子の食事、ソファ、ベッド生活が基本パターンとなり、うるさく言う機会が減りました。

しかし、このパターンを、いったいどう注意したら良いのでしょうか。
     ↓
IMG_5140.jpg

こんなお行儀の悪い?自由な?孫が、徒競走でどんなに早く走れても、心子さんは全然嬉しくありません。
ソファの頭を着ける部分に、足を乗せてはいけない。
少なくとも、普通の姿勢で使用しなさい!と、声を大きくして言いたい。

まあ、自分の子じゃないから、そこそこの注意だけして、その先の責任は持てませんけどね。
ただ、社会にはルールとマナーと言う背骨があることを、認識した大人になって欲しいと願ってます。


それでも、お楽しみの日曜日はやって来ます。
10月1日から酒税改正で、値上げが始まりましたね。昨日のうちに買いました。
それほど沢山飲むわけではないので、まとめ買いはしません。

今夜の「笑点ビール」は ”新ジャンルビール” のカテゴリーである本麒麟で乾杯♪

IMG_5145.jpg


明日、月曜日は運動会の振り替え休日で、孫達を朝からお預かりです。

機会があったら、”お行儀” をうるさく指導したいと思う、心子婆さんであります。







にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へあのね、心子さん。 - にほんブログ村


スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

わかります、ほんとよくわかります

ホント、自分の子どもならひっぱたいてでも辞めさせる、って言うようなことがたくさんあります。でも、私の子じゃないし、可愛いから許す、って・・・社会に出て恥ずかしくない人になってほしいということだけ、一生懸命に思って子育てしてきましたが、その社会ってものがそもそも変わってきていて、もうばあさんには理解できないことだらけです。社会がどんなに変わっても道徳心には変わりがないと思いたいものですが・・・

Re: わかります、ほんとよくわかります

こんにちは、ぴかりん。さん♪^^

>社会に出て恥ずかしくない人になってほしいということだけ
 ほんと、仰る通りです。
 ですが、自分達の時代と違い最近の風潮では ”恥の文化”が薄くなってますよね。
 「そんなお行儀悪くて恥ずかしいでしょ。」と注意すると、「なんで?」と返ってきます。

変な箸の持ち方で食事をするので、
「オーマ(心子さん自身の呼称)の家でご飯を食べるときは、きちんと正しい箸の持ち方で食べなさい。」と言い聞かせてます。
我が家に居る限りは主導権は私。
うるさがれても、彼らが大人になった時に、オバアチャンにそう言われたなぁと、思い起こしてもらえるよう言うことだけは伝えて行こうと思っています。

指導

男の子は自分勝手で良く言えば独立心が強く、周囲とは違った行動をとる事が有る様です。女の子の周囲を見計って行動するのとは大きく違いますね。
そんな行動を修正するのには ”正当な理由” が必要の様です。
「椅子に逆さはオカシイでしょう!」と注意されても、、何処がオカシイのか分からないのです。正しいを押し付けるのではなく、何故、正しいのかを説明する事、逆さの世界は面白いと感じているのかも知れませんから、
何故、逆さはこんなに面白いのか?と考えて、新しい発想に結び付くのかも
靴下の汚れを顔に押し付けられる苦痛を説明して、其の行為のイケナイ事を説明しましょう。新品の脳を持った子供にはまだ、大人の余分な制約が無いのです。ルールやマナーも、まず必要なモノを選んで、何故必要なのかを説明してあげると新しい脳はスッと吸収してくれるのでしょう。
ソファーの姿勢は食後では胃からの逆流にも逆さは勧められません。宇宙船に乗った時には「構わないのよ」と設明するのも面白いのかも知れません。地球上でのルールと説明したら、男の子の興味が増すかも知れません。大変な ” 孫の教育 ” ご苦労様ですが、根気よく頑張って下さい。

Re: 指導

こんにちは、マーニさん♪^^

丁寧なご説明をありがとうございます。
自分が子育ての時には、もっと言い聞かせるエネルギーがありました。
若かったこともありましたが、子供の将来を見据える気持ちがもっと強かった気がします。
ところが、孫となると少々気が抜けてしまい、力の入り方が違ってます。
彼らの家庭内では、パパ&ママがきっとうるさく言ってることでしょうから、
心子婆さんは、少々角度を変えて、少しの言葉で印象に残るように話すようにしています。
多くの人から意見され、違う世代から聞かされて、彼らの中で消化され身についてくれるといいなと思っています。
ああ、ワタシも子供の頃に似たようなこと言われてたなぁと、心の隅でクスリと笑うこともあります。

No title

孫は責任が無い分可愛いと言いますが、やはり言いたいことはいっぱいありますよね。
でも、ソファーに逆さになって、見づらく無いんでしょうか?
善悪はともかくとても器用ですね。

Re: No title

こんにちは、koyukoさん♪^^

今度、試しに逆さまで本を読ませてみようかと思っています。
先日は、牛乳の中にチョコレートを入れて溶かそうとしてコップが酷い有様になったので、彼らに洗わせました。
まあ、いろいろありますが、怒ったり叱ったりするエネルギーがもはや無いに等しいオバアチャンです。笑



プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
1960年生まれ、健康で真面目なふりして生きてます。子供2人を帝王切開、1992年に乳癌ステージIIbで手術&化学・放射線治療、2017年には、大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。戦国武将に劣らない傷痕だらけの身体が自慢(?笑)。残る人生、楽しむだけに費やしたい。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村 あのね、心子さん。 - にほんブログ村
FC2カウンター