fc2ブログ

読書日記「泥酔懺悔」

こんにちは、心子です。

図書館で借りた本「泥酔懺悔」を、読み終わりました。
飲酒をテーマにした、11人の女性作家さんによる、エッセイ集です。

「泥酔懺悔」と言うタイトルが印象的でしたので、きっとお酒の強い作家さん達の” 武勇伝” の話しなのだろうと思って借りましたが、その期待?とは裏腹に、下戸の方、一人で飲む方のお話しもあって、大変勉強になりました。
その中で、四人の作家さんの心に残った部分を、以下に書き残します。(太字は本文から抜粋)

・「下戸の悩み」 中島たい子 : このエッセイでは、下戸側の率直な意見が知れて、新鮮な気持ちになれました。自分は、飲み始めたら同席してる下戸の友人の気持ちを考えたことがなく、ただひたすらに、饒舌になり、大声で笑い、幸せ気分に浸るのみでした。下戸である著者の意見の一つ ” どの時点で相手が「酔っ払い」になるのか、そればかりは予測不能だ。いっそ全ての人間が一杯でベロンベロンに酔ってくれたら、どんなにわかりやすかと思う ” がありました。 なるほど、下戸の人は、そんな風に気を遣ってくれたのね。今後の参考にさせていただきます。

・「だめなことは、悪いことではない」 平松洋子 : 文中の一節に ” 自分をなぐさめるときのために酒くらい味方にとっておかなければ。” その一文に行き当たった時、心の中で「そうよ、そう。」と、うなずく自分がいました。

・「下戸一族VS飲酒派」 三浦しをん : 好きな作家さんの懺悔は、興味津々で読みました。” 酒の話しをするのはつらい。自らの恥について語るのと同義だからだ。” ” 飲酒関係の反省、次に活かせたことがないのですが。” ワタクシも、全くその通りでございます。

・「損だけど」 角田光代 : さんざん飲んで酔っ払って、タクシーに乗って家に着いた辺りまでは覚えてるけれど、目が覚めて思い出すと、途中から記憶がない恐怖。わかります、分かります。けれど、ワタクシは、記憶は忘れても、財布やスマホなどを忘れたことはございません。上には上がいるものですね。角田光代氏は大物でありますな。それでも ” 酒が飲める大人になってよかったと思うことにしておこう。”と締めくくってました。 はい、ワタクシも同感であります。


IMG_4614.jpg


十数年前のこと、
夜更けに秩父の夜祭り見物から帰宅した娘と彼氏が目にしたのは、
テーブルの下で酔っ払って寝ていた心子さんでした。

「おかあさん!どうしたの?!」
「酔っ払ったぁ~」
「お父さんは?」
「お母さんのことを見捨てたぁ~」
「だからって、ここで寝てちゃダメだよ。」
「動けましぇ~ん」

その時、酔っ払った心子さんを背負って、ベッドまで運んでくれたのは、現在の娘婿さんであります。

ワタクシ、自分自身の泥酔懺悔だけで、本一冊分くらいのネタがあるかもしれません。(^◇^;)







にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へあのね、心子さん。 - にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

豪傑過ぎて、

酔っぱらった人の重さは ” 5割増し ” 
ましてや、相手が女性では気遣いもあって背負うのも一仕事だったのでしょう。(笑)
良いお婿さんで良かったですね。

お酒を飲んでの思い出は沢山あります。
寂しさや嬉しさに飲みすぎた若い頃です。
ソレが日常になって、ストレス解消や明日の元気の元!

美味しいお酒を気持ち良く飲むのはステキなコトです。
是非、これからも楽しく良いお酒の手本、お嬢さん家族に見せてあげましょう。
もう、禁酒してしまった私から見れば、羨ましい ” 豪傑 ” ぶりです。

Re: 豪傑過ぎて、

こんにちは、マーニさん♪^^

娘婿との出会いは、なんともお恥ずかしい次第で、今でも笑い話、酒の席のネタにされてます。
”5倍増し”ですか! あの頃は今より5キロ少なかったから・・・計算するの止めます。(^◇^;)

若い頃のお酒は、カラオケも流行りだしてて、
お酒の席で、友人達が次々にカップルになる中、
私だけ男友達が増えていく、おいていかれてましたね~
結婚してからは、旦那の愚痴で盛り上がり、
子育てが一段落した頃は、職場の悪口合戦で、
今は、老いコンテスト的な話題で、
お酒のおかげで、色んなコトを笑い飛ばして、乗り越えて来られました。

最近はもうそんなに沢山は飲めなくなり、酔っ払うほどに飲みたいと思わなくなりましたね。
医者からも「お酒はちょっとだけならいいんじゃないの。」と言われ、術後に週末の晩酌を再開して4年くらいになります。
ビール一缶&ワイン一杯(250cc)くらいが、心と体をほぐしてくれる私の適量のようです。
医者には、もうちょっと減らすようにとも言われましたが。笑




ある、ある、あるぅううう

私も泥酔懺悔はそれこそ山のようにありますが、お酒を飲んで人に絡んだり、説教したり、泣いたり、はないです。道路で寝たり、廊下で寝たりもないです。若い頃はコンタクトレンズでしたが、ちゃんと両目とも外して寝てましたね。気づいた時は覚えてなかったけど、ちゃんと右目は右目用のケースに、左目は左目用のケースに入れてました。そんなでも二日酔いってしたことがなくて。強かったもんだから、年を取ってからもそのペースでしか飲めないんですよね。そして、二日酔いってこういうものなのか、ってことを知るようになりました。知ったからとて、酒量を抑えるとか、ペースを落とすとかできなくて・・・年取ってからの失敗の方が多いかも。やれやれです。

Re: ある、ある、あるぅううう

こんにちは、ぴかりん。さん♪^^

二日酔い知らずとはぴかりん。さん酒豪ですね。(^_-)-☆
私はビールに始まってワインか日本酒で終わるのですが、日本酒を飲み過ぎると、翌朝に頭がガンガンでした。
場合に依っては、翌朝もまだ酔ってる感があったり。
でも、懲りずにまた飲み過ぎたり、酒飲みの反省は活かされませんでした。

心臓の手術をしてから2年近くは禁酒してましたが、
主治医から「ちょっとくらいならいいんじゃないの。」と言われてから、週末だけの晩酌を再開した次第です。
ちょっとでも、飲めないよりは飲める方が良い!そう思って、すごく、すごく遠慮した量で楽しんでます。
二日酔いにも、酔っ払う状態にもならない、ほろ酔い一歩手前くらいです。
それでも医者には「ちょと多いね。」と言われましたが、もうこれ以上は譲れませーん。(*^^)v
プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
1960年生まれ、健康で真面目なふりして生きてます。子供2人を帝王切開、1992年に乳癌ステージIIbで手術&化学・放射線治療、2017年には、大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。戦国武将に劣らない傷痕だらけの身体が自慢(?笑)。残る人生、楽しむだけに費やしたい。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村 あのね、心子さん。 - にほんブログ村
FC2カウンター