fc2ブログ

読書日記「店長がバカすぎて」

こんにちは、心子です。

ストレートなタイトルが気になっていた本でした。
torさんのブログで紹介されていて、面白そうだったので図書館で借りました。
サクサク読めて、スイスイ入って来て、主人公に同感出来て、年代を超えて面白かったです。
(torさん、ありがとうー!)

IMG_2536.jpg

<あらすじ>
本が大好きな谷原京子、28歳、独身が、勤め先の書店で、多忙・薄給に耐えつつ、クセの強い非敏腕店長の元で文芸担当として働く日々が、主軸となったコメディタッチのミステリー小説です。 小説の後半で、正体不明の小説家の最新作の中に、アナグラム的な謎を解きつつ展開するシーンにきて、ああこれはミステリー小説だったのかと、納得する内容です。


当たり前のように書店に並ぶ「本屋大賞」を手に取って読んできました。
けれど、そこに至るまでの書店員さんの働きについて、これまで知ることがありませんでしたが、この本のおかげで、書店で働く人々のリアルな様子を垣間見たような気がします。登場する店長のキャラが特異過ぎるのに、不思議と受け入れてしまって(笑)。仕事を辞めたいと悩んでいる人に、元気を与えてくれそうな、そんな作品でした。

この本のおかげで、旅行の仕事がしたくて、専門学校を卒業後に旅行会社で働いていた、20代の自分を思い出しました。
あの頃は、忙しくて、良くも悪くも新鮮な驚きの連続で、予想外の苦労があって、それでも挫けずに嬉々として働いてましたね。

「好き」を仕事に出来ることは、やっぱり幸せなことだと、この本を読んで改めて思いました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

店長がバカすぎて (ハルキ文庫) [ 早見 和真 ]
価格:759円(税込、送料無料) (2022/8/5時点)








にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

おっ
読まれましたね。
実はミステリーでしたね~
バカすぎる店長にも苦労があって···
私も一気に読みましたよ。

Re: No title

こんにちは、torさん♪^^

おかげで楽しい時間を持てました、ありがとうございます。
書店員さんと書店が舞台の中心だけあって、アナグラムで謎を解くとは、作者も考えてますね。
「辞めてやる。」と思い続けて辞められないのは、大好きな本に囲まれた職場だったから?!
爽やかな1冊でしたね。

No title

私も読みました。
本屋さんの裏側と言うか、裏事情と言うか、そんなものを知れて面白かったです。
ミステリーとして読み始めなかったですが、読み終わってみればなるほどミステリーかも。
タイトルは軽いですが(笑)、なかなか読みごたえがありましたね~。

Re: No title

こんにちは、apricot・a さん♪^^

色んな意味で、興味深い本でしたよね。(^_^)
書店には望む本すべてが並んでいると思いましたが、
その裏側には、様々な事情があるのだな~と、意外な発見をした気持ちになりました。
あんなクセの強い店長だったら、私は耐えられないかもと思いつつ、
笑ってスルー出来る本の世界って、素晴らしいですし、大好きです。
プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
1960年生まれ、健康で真面目なふりして生きてます。子供2人を帝王切開、1992年に乳癌ステージIIbで手術&化学・放射線治療、2017年には、大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。戦国武将に劣らない傷痕だらけの身体が自慢(?笑)。残る人生、楽しむだけに費やしたい。

カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村 あのね、心子さん。 - にほんブログ村
FC2カウンター