fc2ブログ

あじさい園

こんにちは、心子です。

あじさいが見頃だと新聞に載っていたので、車で行ってみました。

場所は、民家の無い一方通行の農免道路沿いにあり、道に案内の旗がなければ不安になります。それなのに駐車場には、県外ナンバーの車が多くて(えっ!ここ、そんなに有名なの?!)と、少々驚きでした。

入園料300円を受付で済ませると、”関東最大級 2万株”の看板があります。
IMG_2100.jpg

看板のすぐ脇に、傘とあじさいのコラボレーション。お洒落~♪
IMG_2103(1).jpg

以下、園内の写真が続きます。
IMG_2131(1).jpg

IMG_2116.jpg

IMG_2115.jpg

IMG_2113.jpg

IMG_2127(1).jpg

あじさい園より、“あじさい山“ ”あじさいの森“ と言う方が、ふさわしいような場所でした。
ぐるりと一周を終える頃には、首からタオルを掛けて、汗を拭きながら歩いてました。
散策?それともトレーニング?笑

IMG_2151(1).jpg

下仁田あじさい園では、都会では味わえないコースを堪能できます。
ハイヒールでは歩けませんよ。(^_^;)
IMG_2133.jpg

駐車場からは、一面の ”下仁田ネギ畑“ も見られます。
IMG_2134.jpg


あじさいパワーで、梅雨空がいつもよりずっと素敵に感じられました。








にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

こんばんは

見事なあじさい園、イヤ、あじさい山ですねぇ!!
あじさいの美しさを愛でながら、トレーニング出来るなんて、最高じゃありませんか。
どうも、佐久に来てから思うんですが、こちらは紫陽花が少ない気がします。
日本でも晴天率の高い土地だそうなので、紫陽花には合わないのかしら・・・と思ったり。

沙林、大変な作品で、ヒイヒイ言いながら読んでます。
私の事だから、飛ばし読みに近いんですが、作者の熱意がガンガン伝わって来て、こちらも真剣に読まなくちゃいけない気になって。
まだまだ先は長いですが、果たして2週間で読み終えるのだろうか。

No title

紫陽花とっても綺麗ですね。
一株からいろんな色が出るので、見ていて飽きません。
特に傘を使った展示は素敵でした。
こちらは花を見に行っても無料の所が多いのですが、その代わり手入れが行き届いてなかったりトイレがなかったりします。
日本のようにお金を取って綺麗にしてくれる方がいいなと思ってしまいます。

No title

どこもかしこもあじさいだらけですね。手入れが大変そうですが・・・ここが300円って格安入場料ですよね

Re: こんばんは

こんにちは、万見仙千代さん♪^^

紫陽花は土壌に好みがあるようですから、そんな加減もあるのでしょうか。
あじさい山(笑)いやもといあじさい園の紫陽花は、花の種類こそ少ないですが、色はそれぞれにしっかりしてます。
写真ではわかりにくいですが、順路が普通に里山の坂道で、良いトレーニングになりました。(^◇^;)

私が「悲素」を借りた時は、運良く図書館内整理期間中で貸出期間が3週間くらいありましたので、なんとか読み切りましたが、2週間では厳しかったです。著者が現役のお医者さんってこともあり、医薬品や化学反応の話しが細かすぎて、その辺はジャンジャン飛ばして(^_^;)ストーリーを追う形で読んでました。
読み始めた「閉鎖病棟」は、リアルに暗い始まりです。読み切るかなあ。。。
その反動か、今は、軽くて明るい小説かエッセイを読みたくなってます。笑

Re: No title

こんにちは、かみーれ さん♪^^

コメントをありがとうございます。
今、日本は紫陽花が真っ盛りで、梅雨の曇り空の下で自慢そうに咲き誇ってます。

自分がドイツへ行ったのは1997年、もう25年も前の6月から7月の頃でした。
大きなチェリーケーキとお皿からはみ出る白アスパラガス、
酸っぱくて黒くじゃりじゃりの歯ごたえのパン、食べ物は何でも美味しかったです。
手入れはされて無くても、様々な花が街中に咲いてました。
スズメもリスも、日本より一回り大きくて、大陸の豊かさを感じたものでした。
そうそう、手入れの行き届いた観光地のトイレは有料でしたが、トイレットペーパーの質が固かったです。笑
当時からリサイクル、リユースの観念が日本よりずっと発達してて、紙コップやペットボトルを見かけませんでしたね。
お返事が、すっかりドイツの思い出話になってしまいました。
こてこての日本の田舎の主婦感を丸出しブログですが、これからもよろしくお願いします。(^_^)

Re: No title

こんにちは、自遊自足 さん♪^^

300円は格安ですよね。
ここは、地域住民のボランティアと町や法人、セブンイレブンの助成金で活動しているようです。
紫陽花の季節だけは有人で開園し、他の季節は無人になり開放されます。
百日紅の花もたくさん見られますが、季節柄手入れがされない分、足元が悪くなります。
紫陽花を愛でながら、足腰の運動にもなり(笑)良い時間を過ごせました。(^_^)
プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
1960年生まれ、健康で真面目なふりして生きてます。子供2人を帝王切開、1992年に乳癌ステージIIbで手術&化学・放射線治療、2017年には、大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。戦国武将に劣らない傷痕だらけの身体が自慢(?笑)。残る人生、楽しむだけに費やしたい。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村 あのね、心子さん。 - にほんブログ村
FC2カウンター