fc2ブログ

有馬温泉旅・備忘録1

こんにちは、心子です。

5月5日(木)早朝5時に自宅を出発。

走行距離500キロ以上のドライブになるので、「途中で運転代わろうか?」と提案するも、「大丈夫。」との返事。
この旅行に至るまでの自分の過失を詫びる気持ちなのだろうか>相方
それならばと、大きな態度で助手席にドテッと座り込む>心子

早朝の田舎道は、空いているから一般道でもスイスイと走れますので、長野県和田峠を抜けて岡谷ICで高速に入りました。
渋滞はなく、まだ雪が残る木曽駒ヶ岳の勇姿を眺めながら、寡黙なシニア夫婦を乗せたツーリング君は、長い中央道をひたすら走り続けました。心子さんは、恵那を過ぎた辺りで睡魔に負けて居眠りし、目覚めた時には、小牧JCTを過ぎて、すでに名神高速道を走行中でした。木曽川を越えて伊吹山を眺めながら関ヶ原を抜け、草津SAで早めの昼ご飯としました。

右上:木曽駒ヶ岳→木曽川、左下:伊吹山→関ヶ原
IMG_1844(1).jpg

六甲有馬ロープウェイのある有馬温泉駅を目指したはずでしたが、リフトやケーブルカーのある方へ行ってしまい、否応なしに六甲ドライブウェイ(有料)を通り抜ける羽目になりました。おかげで六甲山の新緑を心ゆくまで堪能~(笑)。

五月晴れの空の下で童心に返り、ロープウェイ(片道12分間)からの景色を楽しみました。
右上:有馬温泉駅、左下:六甲山頂駅
IMG_1845(1).jpg

2020年に新調したスイス製の車体は、ガラス面が大きく見晴抜群。
IMG_1712_202205091424271b6.jpg

六甲山頂駅で降りて、近くのテラスへ。大阪湾~神戸ポートアイランドが見えました。
心子さん地方では、山頂からの眺めは山と空ばかりなので、山から海を見下ろすだけでテンションが上がりましたね。
IMG_1723.jpg

六甲オリジナルソフトクリームで、神戸港に乾杯♪^^
IMG_1764.jpg

ロープウェイ有馬温泉駅から有馬温泉までは、数分で着くのですが、宿泊ホテルへの道がなかなか見つからず、車で温泉街をグルグル・・・。道を探すついでに、太閤橋ねね橋を車中から見学できました(←転んでもタダでは起きません/笑)。
昔ながらの温泉街なので、道路は狭く坂道が多い通りは、そこそこに観光客で賑わってました。
ようやく見つけた”手書き宿泊ホテルへの看板”、その道はやっぱり細くくねった坂道でした。

有馬温泉ロイヤルホテルは、風呂上がりのビールとアイスのサービスが、ちょこっと嬉しい。
誰もが笑顔の心地良い、こじんまりした良い宿でした。

1階大浴場・内風呂は、温い湯と熱い湯、2カ所。のんびりと長湯できる温度です。
ginsen.jpg
写真は拝借しました

1階大浴場・露天風呂は、かの有名な秀吉が愛した金泉です。
優しく温まり、とても良いお湯でした。
kinnsen.jpg
写真は拝借しました

他に、5階に展望露天風呂がありましたが、1階の内湯&露天風呂だけでも充分満足できました。

朝・夕ともに部屋食、Wi-Fi完備、混雑もなく安心して過ごせました。
時間があれば、温泉三昧でもう1泊したいくらいです。(^_^)

大変、お世話になりました。








にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

こんばんは

有馬温泉
すごく遠いイメージですが、心子さんの記事を読んでいると、まるであっという間みたいです。
温泉宿に泊まるの、良いですねぇ。
お風呂もとっても素敵♪
それに、風呂上りにビールとアイスのサービスですと!?
ちょこっとどころか、最高じゃないですか。
そして、食事が朝夕共に部屋食っていうのが得点高いですね。
私、大きなレストランでの食事が苦手なんですよ。
皆でビールを飲みながら、ベチャクチャ喋って、人目を気にしないで食べるのが大好き。
夕食は個別でも、朝食はレストランが多いですよ。
朝夕部屋食は、本当に少ないです。
心子さん、素敵なお宿を見つけましたね。

No title

>木曽川を越えて伊吹山を眺めながら関ヶ原を抜け・・・・・・

毎日 私が畑から見る風景です
伊吹山の左 古戦場関ケ原を挟んで 

親孝行息子が 山に入って滝の水を汲んで
持ち帰ると お酒になっていたという
養老の滝があります。

Re: こんばんは

こんにちは、万見仙千代さん♪^^

有馬温泉は昔ながらの温泉街で、風情があると共に、秀吉の力を感じる場所でしたよ。
とにかく、金泉の湯が良いので、機会があればオススメです。
高速は渋滞がなく順調で、走行時間7時間+休憩時間で午後1時過ぎにはロープウェイに乗ってました。
今回の宿は、早得・早割で連休中の料金としては、安くて快適で当たりでした。
部屋は、部屋食の部屋と寝室が、玄関を挟んで分かれていたので、過ごしやすかったです。
テレビ観ながら、ビール飲んでご飯、そのまま家にいるようで、上げ膳据え膳が最高のご馳走でした。(^_^)
窓からの風景は、隣の温泉寺境内が見えるだけで、部屋に響く鐘の音が風情ありましたよ。笑

Re: No title

こんにちは、nasu_to_matoさん♪^^

数ヶ月前に、nasu_to_matoのブログで、残雪の伊吹山を見ました。
毎日、あの山を見ながら畑作業をなさっているのですね。
関ヶ原を過ぎると、関東を背中に感じます。
いつか関ヶ原古戦場跡に立ち寄って、戦国時代を五感で感じてみたいです。

養老の滝にそのような話しが伝わっているのですね。
酒好きのワタシは、そのまま住み着いてしまいそうです。笑

我が家は群馬なので、近所のお年寄りは浅間山の雪溶け具合を見て、山菜採りを始めるのですよ。
山が教えてくれることは、生活感があって好きです。(^_^)
プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
1960年生まれ、健康で真面目なふりして生きてます。子供2人を帝王切開、1992年に乳癌ステージIIbで手術&化学・放射線治療、2017年には、大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。戦国武将に劣らない傷痕だらけの身体が自慢(?笑)。残る人生、楽しむだけに費やしたい。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村 あのね、心子さん。 - にほんブログ村
FC2カウンター