fc2ブログ

自分も朝妃もなんとなく落ち着きました

こんにちは、心子です。

気がつけば2月。。。
体だけではなく心も、時間の早さについて行けない日々です。

ライムが逝って一週間、仏教で言うところの初七日、三途の川のほとりに辿り着いた頃です。
宗教には何のこだわりもありませんが、時間を区切る事に依って、気持ちや想像の落ち着きを、手繰り寄せやすくなります。

孫の誕生と入れ違いにライムは逝き、
月末月初の仕事が忙しい時期にライムは逝ったので、気が紛れる時間が大いにありました。
おがげで、自分はライムがいなくなった寂しさはあっても、淋しさに耐えられたような気がします。
最後まで、ライムらしい気遣いだったのかなぁ。ありがとうね、ライム。

ニャアミャアとうるさかった猫の朝妃も、大分落ち着きました。
IMG_5584_2024020321050481d.jpg


スマホから、過去のライムの写真を探っても、大粒の涙が流れることがなくなりました。
少しだけ、鼻の奥がツーンとします。

鋭い目つきで、周囲を観察するときもあれば・・・、
IMG_0032 (2)

ぼ~っとして、どこを見て何を考えているやらとしたお顔の時もありました。
まあ、たいていはこんなお顔のライムで、それだけで家族を癒やしてくれました。
IMG_2519 (2)


ライムは、いつもクリスや他のお友達、孫達や家族と一緒の写真ばかりで、ライムだけが写っている写真を見つけるのに時間がかかります。人間でもそうですよね。先に生まれた長男や長女は、彼らだけのショットが多いですが、次男、次女となると彼らだけのショットは少ない。いつも、誰かと一緒に写ってるみたいな。どちらの方が良いと言うことではなく、単純に環境ですよね。

たくさんライムを思い出して、微笑みながら涙ぐむ時間は、今だからこそ出来る時間。
そう思いながら、春を待つことにします。







にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へあのね、心子さん。 - にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
1960年生まれ、健康で真面目なふりして生きてます。子供2人を帝王切開、1992年に乳癌ステージIIbで手術&化学・放射線治療、2017年には、大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。戦国武将に劣らない傷痕だらけの身体が自慢(?笑)。残る人生、楽しむだけに費やしたい。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村 あのね、心子さん。 - にほんブログ村
FC2カウンター