fc2ブログ

覚悟

こんにちは、心子です。

月曜日辺りから、ライムの食欲が落ち始めました。
吐き気はなく、排便もあり、いつも通りに部屋中をくるくる歩いてました。
少量のリポビタンをシリンジで与え、様子をみましたが、今一つ食欲が戻りません。

水曜日、上手く食べることが出来なくなりました。
そこで、ベタベタから水分量を増やしてドロドロのフードにすると、飲むように食べました。

木曜日、歩く時間が減り、ついに食べる量が激減。
リポビタンの効果も、ほとんどありません。

金曜日、かかりつけの獣医さんへ連れて行き、皮下点滴をお願いしました。
今までは、これで食欲が戻り、いつものライムになったのですが、今回はその期待通りには行きませんでした。
食欲は戻りましたが、食べる量はいつもの半分くらい。
歩くこと無く、1日のほとんどを寝ています。

土曜日、今日も獣医さんで点滴をしてもらいました。
看護師さん達は、「頑張ってるね。」と、優しく声を掛けてくれます。
医師は、「このまま、様子を見ましょう。来週も出来れば点滴を続けたいですね。」と。
診察台で点滴を受けている間、ライムは横たわったまま、見えない目で私を探す仕草すらありませんでした。

金曜日は天気が良かったので、市民運動場へ一人で散歩に行きました。
2年前までは、ライムと一緒に歩いた公園と、遊歩道がある場所です。
新しい遊具が設置中で、春には子供達が遊べるよう工事が進んでいました。
遊具の向こう遠くに、浅間山が見えました。
今年は雪が少なく、まだ山全体が雪で真っ白になっていません。
IMG_5518.jpg


この場所を、ライムと一緒に歩くことはもうないでしょう。
澄み渡る冬空を見上げながら、覚悟を決めました。

出来る事ならば、ライムの最期の時にその傍らに添いていたい、今はただそれだけです。







にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へあのね、心子さん。 - にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
1960年生まれ、健康で真面目なふりして生きてます。子供2人を帝王切開、1992年に乳癌ステージIIbで手術&化学・放射線治療、2017年には、大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。戦国武将に劣らない傷痕だらけの身体が自慢(?笑)。残る人生、楽しむだけに費やしたい。

カレンダー
12 | 2024/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村 あのね、心子さん。 - にほんブログ村
FC2カウンター