fc2ブログ

映画「峠」

こんにちは、心子です。

体温を超える暑さで、日中は身の置き所がない日々です。
朝の涼しいうちに、散歩と家事を済ませると、もう扇風機の下でゴロゴロするしかありません。
さあ、今日も暑いぞ、時計を見るとまだ午前9時。この先の時間をどう過ごそう・・・。
そうだ!映画を観に行こう。映画館なら涼しいぞ。
ってコトで、映画「峠 最後のサムライ」を、観てきました。(←前置きが長い)


IMG_2182.jpg

司馬遼太郎原作の歴史小説「峠」の映画化作品です。

何十年も前に、原作を読みましたが、細かいことはあまり覚えてなくて、小説では、主人公は教養ある若者のイメージが残ってます。近代化へ変動する時代への先見の明がある、その意味では「龍馬が行く」と通じるものを感じて、ワクワクしながら読んだ記憶があります。

映画での主人公・河井継之助役は役所広司で、すでに大人の河井継之助でした。
それは、それで、味わいも奥行きもある作品に仕上がっていて、とにかく役所広司の演技が素晴らしく、セリフの1つ1つに感動しながら観ました。(ちょっと、説教くさかったけど/笑)
お貞(香川京子)の「愛は見つめ合うことではなく、同じ方向を見ること」の一言には、武士の妻のあり方が込められていると理解し、最後に詠まれた「かたちこそ み山隠れの 朽ち木なれ 心は花に なさばなりなむ」では、河井継之助は小柄(貧相?)な容姿だったのかな(役所広司はそうは見えないけれど)、などと思いながらも、その控えめで力強い姿勢に、涙が流れました。

妙を得たキャスティング、吉岡秀隆 山本 學 仲代達矢などの登場に惹かれ、エンディング曲を歌うのは、石川さゆりで、久々に彼女の歌声を聞き、最後の映倫のマークが出て、館内が明るくなるまで、しっかりと座って観てました。

ここ数年の「関ヶ原」「燃えよ剣」そして今回の「峠」、全部観てきました。
司馬遼太郎の歴史小説は、映像になってもどれも素晴らしい。大好きです♡

感動を胸に秘め、観終えて建物の外へ出ると、暑い!猛暑の熱波が襲って来て、
それまで、涼やかだった体から、一気に汗が噴き出て、現実世界に引き戻されました。



IMG_2183.jpg
 
密や接触を避けるためなのか、入り口でチケットを切り離さず、目視のみ。
けれども、座席は1つ置きではなく、通常通りの並びでした。
自分の両隣に、見知らぬ他人が座っていることに、抵抗を覚えたのはワタシだけでしょうか。
次からは、思いつきで行かずに、事前に調べようと少々反省しました。










にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
スポンサーサイト



プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
1960年生まれ、健康で真面目なふりして生きてます。子供2人を帝王切開、1992年に乳癌ステージIIbで手術&化学・放射線治療、2017年には、大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。戦国武将に劣らない傷痕だらけの身体が自慢(?笑)。残る人生、楽しむだけに費やしたい。

カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村 あのね、心子さん。 - にほんブログ村
FC2カウンター