fc2ブログ

冠動脈CT検査

こんにちは、心子です。

およそ20年前、左冠動脈にステント留置術してる心子さんのポンコツ心臓です。

2017年に自己心膜を使用した弁形成術で大動脈弁を手術して以来、年に一度くらいで起きていた胸痛。
2019年の冬から発症する頻度が増え始め、2020年1月にカテーテル検査を受けましたが、問題無しでした。
2021年11月~2022年3月まで、さらに頻繁に胸痛が起きるようになりました。
4月以降は、ほとんど胸痛はなく過ごしていました。

今年の11月に息子の結婚式(すでに入籍済み)があるので、胸痛の原因を知れば、対策法が分かる。そんな思いもあって23日(木)に、冠動脈CT(3D)検査を受けました。

検査前の準備(パジャマに着替えて、点滴)を済ませ、CTのある放射線室へ行き、そこでの準備も順調に進みました。
ところが、心子さんの脈拍は、ミオコール(ニトログリセリン舌下スプレー)しても下がらず、元々の血圧も低いので、看護師さんビビってました。なかなか本番の撮影になりません。

「安静時の脈拍は、75くらいなので、77,78は自分には早くありません。」
検査技師と看護師に、そう伝えましたが、脈拍が70以下でないと、綺麗な画像が撮れないのだそうです。
(なんだ、機械の都合に合わせるためなのね。(^_^;) )

そこで、循環器科の医師が放射線室に来て、インデラル注(心拍数を下げる薬)を打つことになりました。
結局、3A(アンプル)も打つことになって、やっと脈拍68~65に下がり、
今だ!とばかりに造影剤が注入され、大きく息を吸い込んで→止めて→終了~!となりました。

インデラル注の効果(3アンプルも!ですよ)で頭が重くて、処置室で1時間の安静を強いられてからの帰宅となりました。
検査結果は、次回の循環器科受診日に、主治医から聞きます。

家に着いたのは、5時半。
ライムはチッコの我慢が出来ずに、廊下に粗相してました。(T.T)

急いで夕食の支度を済ませ、風呂に入ろうとしたら、家出中だった朝妃のニャーニャー鳴く声が、外から聞こえて来ました。半裸状態で、大急ぎで玄関を開けて、朝妃を家に入れ、無事に保護しました。
ドヤ顔で、ご飯食べさせろって鳴き続けてましたので、ハハ・88歳を呼んで世話を頼みました。
ハハは、大喜びでチヤホヤして、カリカリフードを与えて、一生懸命に朝妃に話し掛けてました。
ここ数日間続いていたまだら痴呆症状が、朝妃の帰還で緩和されるといいのですが。

今夜はお酒を控えてくださいと、警告を受けましたが、
飲むなとは言わなかったので、350㎖缶を1つだけ飲んじゃいましたよ。

はぁ~、やれやれです。

良い週末を♪









にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
スポンサーサイト



プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
1960年生まれ、健康で真面目なふりして生きてます。子供2人を帝王切開、1992年に乳癌ステージIIbで手術&化学・放射線治療、2017年には、大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。戦国武将に劣らない傷痕だらけの身体が自慢(?笑)。残る人生、楽しむだけに費やしたい。

カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村 あのね、心子さん。 - にほんブログ村
FC2カウンター