FC2ブログ

番外編の備忘録@御朱印、不老不死温泉

こんにちは、心子です。

いつの頃からか、旅に欠かせない、心のアイテムとなった御朱印。
今回は、3ついただきました。

写真・左と真ん中は、盛岡八幡宮でいただきました。
右は、十和田神社です。

IMG_8797.jpeg



もう一つ、どうしても記しておきたかったのは、不老ふ死温泉です。
海を眺めながらの温泉は、過去にも何度かありましたが、ここの海辺の露天風呂の開放感は別格でした。

ここに温泉を発見した人もすごいですが、ここに露天風呂を作っちゃった人も素晴らしい。
そして、そこに浸かってみたいと思い続けてた自分は、どんだけ物好きなのよって(笑)。

宿泊した建物と、海辺の露天風呂を繋ぐ廊下の窓から、全体を見下ろせました。
真ん中のコンクリートの通路を進み、向かって左側が混浴で、右側が女湯です。

IMG_8524 (2)

女湯です。
他に誰も居なかったので、撮らせていただきました。
溢れるお湯が遠慮なく海へと流れ落ち、タオルは茶色く染まるほどの濃いお湯です。

IMG_8520.jpg

宿泊者には湯浴み着を、無料(日帰りは300円レンタル)で貸してくれます。
海辺の露天風呂の利用時間は、日帰り入浴者は、夕方4時まで、宿泊者は日没までです。
ですから、この時季の夕暮れ時は、宿泊者の特典かもしれませんね。
この露天風呂から沈む夕陽を見る方が多いので、日の入りの時間帯は混雑するそうです。

あえて自分は、夕方5時頃の空いている時間に利用しました。
これは、大正解!女湯をほぼ貸し切り状態でした。(^^)v
さざめく波の音を聞きながら、顔に当たる海風が心地良く、開放感の中に浸かっている気分になれました。
最高の海辺の露天風呂を堪能した後は、新館?の不老ふ死の湯へ、風呂のハシゴ(笑)しました。
そこの内湯は濾過してあり無色透明のお湯、露天風呂は海辺のと同様に塩味のある茶色いお湯で、ロケーションも抜群でした。

部屋の窓から、缶ビール片手に沈む夕陽を、眺める。
日本海の夕陽は、いつ見ても綺麗です。
運が良いのか、今までハズレたことがありません。

IMG_8535.jpg


黄昏時は、誰ぞ彼(たれぞかれ)。

寄せては返す波のように、色んな思いが、浮かんでは消えて行きました。


            (旅の備忘録@東北、完 )


  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

スポンサーサイト



旅の備忘録5@鶴岡市立加茂水族館

こんにちは、心子です。

5日間かけて、東北地方を巡って来ました。
その時の備忘録です。

<5月5日(日)、5日目>

最終日のこの日は、今までよりも少しだけゆっくりで9時にチェックアウト。
宿から車で10分、クラゲで有名な鶴岡市立加茂水族館を、目指しました。
混雑も入場制限もなく、じっくりと見学することができました。

オーストリアのシェーンブルン水族館からやってきたクラゲ
シェーンブルンと言えば宮殿が思い浮かびます。
そう思うと、触手や口腕がドレスの裾のように見えました。

IMG_8678.jpg

別名・目玉焼きクラゲ、確かに、そう見えますね。笑
紫色の触手が、黄色に映えて綺麗でした。

IMG_8713.jpg

ユウレイクラゲ、世界最大級になるそう。
IMG_8723.jpg

ヤナギクラゲ
北海道、東北の太平洋側に春に現れるクラゲで、
山形沿岸では、まだ出現したことないんだって。

IMG_8748.jpg

タコクラゲの仲間?だったかな。
ちゃんと、足(?付属器)が8本あるのですよ。

IMG_8769.jpg

クラゲが漂う姿が、優雅で優しく、魅惑的で、見ているだけで癒やされました。


ありがとうーっ!東北!!
IMG_8779.jpg
5メートルの水槽があるクラゲドリームシアターにて。

計画通りに観光出来て、郷土料理を食べて、充実の5日間でした。

この日の歩数は、4518歩。
高速道路を飛ばして、一気に帰宅しました。




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

旅の備忘録4@白神山地・青池、男鹿半島・なまはげ館

こんにちは、心子です。

5日間かけて、東北地方を巡って来ました。
その時の備忘録です。

<5月4日(日)、4日目>

海辺の露天風呂で有名な不老ふ死温泉は、噂とおりのローケーションと、温泉の良さで大満足でした。本館の露天風呂も、海辺のそれに劣らない良さでした。食事の海産物は新鮮で美味しくて、ここでずっと養生したい、そう思うのは心子さんだけでないはずです。

それでも、やっぱり8時頃に早めにチェックアウトして、宿から車で30分にある白神山地・青池散策のため、森の物産館キョロロを目指しました。
駐車料金は500円かかりますが、青池とブナ林を散策するに便利な場所にあります。
森の物産館キョロロ~鶏頭場池~青池~ブナ林~沸壺池~十二湖庵(休憩)~森の物産館キョロロへ、歩きやすく2時間足らずで巡れました。

鶏頭場池ほとりの道を歩き始めました。
IMG_8560.jpg

左側が鶏頭場池、芽吹いた木々から漏れる光が、優しく眩しい道でした。
IMG_8564.jpg

青池
ああ、本当に青いっ!感激です。
池の底から、何か出て来そうなどと、想像が膨らむ青でした。

IMG_8569.jpg

ブナ自然林
心子さん地方の里山に比べて、ブナの密度が濃いです。
足元の草花も豊かでした。

IMG_8587.jpg

ブナ自然林の中ほどに立っていました。
「えっ? マスクを外していい?」素直に従えない、変テコな時代になってしまいましたね。

IMG_8592.jpg

沸壺池
青池に引けを取らないくらいの青でした。透明度も抜群。

IMG_8601.jpg

十二湖庵
沸壺池の清水で立てた抹茶で一休み。

IMG_8604.jpeg


せっかく秋田に来たのですから、この後は、男鹿半島にあるなまはげ館へ行くことにしました。

IMG_8624.jpg

なまはげは、地域によって被り物の顔が違うのだそうです。
ここで、それらを直に見られるのは、趣があって面白かったです。

IMG_8616.jpg

心子さんのお気に入りは、この子でした。
怖いようでいて、愛嬌がある。鼻の穴が大きくて、目がイッちゃっている?!笑

IMG_8610.jpg


鳥海山を眺めつつ、美しく区画された田んぼが広がる庄内平野を、車は走り抜けました。

この日の宿は、山形県鶴岡市にある湯野浜温泉・亀や。

歩数は、9116歩でした。




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

旅の備忘録3@弘前城、ねぷた村、鶴の舞橋、

こんにちは、心子です。

5日間かけて、東北地方を巡って来ました。
その時の備忘録です。

<5月3日(日)、3日目>

この日も、早くに朝食を済ませて8時にはチェックアウトし、最初の観光地である弘前城へ。
さくら祭り期間のため開城時間が7時と早く、混雑を避けて早め、早めに攻めました。

今年の桜は早かったため、ソメイヨシノは終わり、しだれ桜と八重桜が見頃でした。
三の丸東門~下乗橋~天守閣へと進み、岩木山を臨みました。
石垣が補修中で、石垣から70メートルほど曳家された天守閣は、どこか寂しそう。

弘前城は、現存天守12城の一つです。もちろん、中に入って見学しましたよ。
三重の天守内部は、こじんまりしていましたが、時間が早かったので見学者は少なく、しっかりと見ることが出来ました。

三の丸東門
IMG_8413.jpg

下乗橋
この橋の上から、補修中の石垣が見えました。

IMG_8437.jpg

天守閣
石垣から70メートルも離されポツンとして見えました。

IMG_8441.jpg

本丸から臨む岩木山
残念ながら、山頂は雲に隠れて見えませんでした。

IMG_8454.jpg

この日、2つ目の観光ポイントは、弘前城から徒歩5分の津軽藩ねぷた村です。
ねぷた館では、ねぷた祭りの説明や、太鼓の実演と体験、津軽三味線の演奏などが楽しめました。
ちなみに、弘前市、五所川原市、青森市では、それぞれねぷたの形が違うそうです。

弘前市のねぷたは、扇型です
IMG_8467.jpg

見上げると迫力満点
IMG_8477.jpg

この日、最後の観光ポイントは、日本一の木造三連太鼓橋鶴の舞橋でした。

一枚の写真の中に、全長300メートルの鶴の舞橋を収めるのは難しい
IMG_8506.jpg

IMG_8510.jpg

鶴の舞橋で、昼食を済まして(関連記事はこちら)、今夜の宿「不老ふ死温泉」へ向けて、リンゴ畑が広がる道を、車で走り抜けました。

歩数は、13947歩、3日連続で10000歩越えです。



  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

旅の備忘録2@奥入瀬渓流・十和田湖

こんにちは、心子です。

5日間かけて、東北地方を巡って来ました。
その時の備忘録です。

<5月2日(日)、2日目>

宿を8時にチェックアウトし、十和田湖子ノ口駐車場を目指しました。
10時半頃に到着。駐車場に車を止めて、JRバス子ノ口で、バスの時間を確認。
”雲井の流れ”まで遊歩道を歩き、そこからはJRバスで戻ることにしました。

子ノ口~銚子大滝~九段の滝・不老の滝・白糸の滝・姉妹の滝・双白髪の滝・玉簾の滝と、渓流と歩道を挟んだ両側に、様々な滝が続きます。小雨の中を、距離にして5、6キロくらい歩きました。


子ノ口から直ぐにある遊歩道入り口
IMG_8332.jpg

渓流の脇にある遊歩道は、自然を取り込み整備され、歩きやすかったです。
IMG_8337_20210511135515551.jpg

銚子大滝、歩き始めて数十分。
この後、幾つも滝が現れ、森と流れの中を散策しました。

IMG_8346.jpg

初々しい若芽の木々に囲まれて、迫力ある流れを、間近で感じられました。
IMG_8356.jpg

遊歩道から車道へ上がり、バス停で待つ頃には雨が止んでいました。
車内では、所々に止まって滝の説明放送が流れます。

IMG_8367.jpg

雲井の流れ停留所から、バスで子ノ口へ戻り、湖畔の食堂で、姫マスの塩焼き、稲庭うどん、きりたんぽで昼食でした。

昼食後は、休屋(やすみや)にある十和田神社参拝と、湖畔のシンボル”乙女の像”へ、向かいました。

十和田神社
IMG_8381.jpg

雨が止み、晴れ間が出ました。
十和田湖、広いです。
水深は日本湖沼の中で3位、面積は12位だそう。

IMG_8385.jpg

乙女の像 (高村光太郎作)
ここで初めて、高村光太郎は詩人だけでなく、彫刻家でもあったのだと知りました。

IMG_8394.jpg

観光を終えて、宿泊地の弘前市へ向かいました。
岩木桜の湯ドーミーイン弘前(朝食付き)に4時頃チェックイン後は、冷たい風と雨になっていました。
ホテルの目の前がコンビニでしたので、そこで夕食を調達し、部屋飲みすることに。(関連記事はこちら

夕食前に、温泉へ浸かりましたが、風呂場から見える外は暴風雨状態で、木々が横になびくほど風が吹いていました。
露天風呂の湯船には、たくさんのリンゴが浮いていましたが、冷たい風と雨になぶられながら、露天風呂に浸かる勇気がなかったです。(^_^;)

この日の歩数は、14988歩、お疲れ様でした。



  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

旅の備忘録1@盛岡

こんにちは、心子です。

5日間かけて、東北地方を巡って来ました。
その時の備忘録です。

<5月1日(土)、1日目>

朝6時過ぎ、自宅を車で出発。
東北自動車道を利用して、走行時間6時間半+休憩&昼食の予定で、盛岡市を目指しました。

途中で肩痛と格闘する相方に代わり、長原原SAからは、心子さんが運転をすることにしました。
お昼ご飯は、前沢SAで前沢牛を食べよう♪
そう思いながら、高速を飛ばしていたら、いきなり、ナビとスマホから同時に地震速報が鳴り出しました。

助手席でウトウトしていた相方も、驚いて目を覚し、2人で「何?なに?ナニ?」と、ビックリ!
「とりあえず、スピードを落とせ。」と言われて、様子を見ながら運転を続けました。
一関の手前のインターチェンジで、高速道路は通行止めになり、強制的に降りることになりました。
ナビに従い、しばらくは一般道を走り、平泉前沢ICから高速道路を利用出来る事が分かり、再び高速へ。
予定よりも1時間以上遅れましたが、無事に前沢SAで、前沢牛味噌ラーメンで昼食となりました。

3時にチェックインして、雨の中を歩いて盛岡市内観光しました。

石割り桜(盛岡裁判所)
IMG_8302.jpg


岩手銀行赤レンガ館
IMG_8316.jpg

IMG_8317.jpg


盛岡八幡宮
IMG_8325.jpg

IMG_8406.jpg


啄木・賢治青春館
IMG_8323.jpg

IMG_8321.jpg


この日の歩数は10,328歩。
宿泊は、さんさの湯ドーミーイン盛岡(朝食付)。
宿の温泉にのんびり浸かって、足の疲れを取ってから、
近くの焼き肉屋で、焼き肉&ビールと、名物の盛岡冷麺で満腹に。
(関連記事はこちら

東北、盛岡の夜は、静かに更けていきました。




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

一段落しました

こんにちは、心子です。

いやぁ~、終わったっ! 良かったっ!

今日は、息子の結婚に向けて、両家顔合わせ会でした。
昔で言えば、結納に代わるイベントでしょうか。
お洒落なお店で、ランチコースをいただきました。
相手のご両親は、とても良い方で和やかに楽しく、2時間以上も盛り上がって話していました。

心子さん、思ったことを直ぐに口にしてしまう傾向がありまして、息子と彼女さんに言っちゃったんですよね。
「十九,二十歳の若いカップルじゃないんだから、自分達主導で進めてOKでしょ。もう、この時代、入籍だけ先にしちゃえばいいじゃんっ。」ってね。 (^_^;)

まあ、それがキッカケになったのかどうかは定かではありませんが、両家顔合わせの話しが、急展開したのであります。

会が終わってから、母の日プレゼントを、息子と彼女さんからいただきました。
息子のセンスではないことは明らか(笑)です。
ああ、嫁ができるって、こう言うことなのね。新鮮な喜びを感じました。
IMG_8801.jpeg

はあ、一段落しました。
これで、心置きなく5月の空を見上げて、歩き出せそうです。




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

いつもの週末

こんにちは、心子です。

昨日の金曜日は、孫のスポーツクラブの日。
孫に早めの夕飯を食べさせて、着替えさせ、検温してから、夕方6時までに体育館へ送るのが、いつもの心子さんの役割。
ゴールデンウィークに有給を足して、10日間の休暇中の相方が、車で送ってくれたので、ちょっと時間的に余裕?が・・・。

今日は孫2人を預かり、ママは午前中は職場へ。
昨日、孫のランドセルや荷物を、我が家に置いたままで、取りに来なかったママ。
彼の荷物の中の洗濯物(給食着、ランチマット、上履き入れ等、)を、洗濯。
ママ、もう絶対に確信犯だよね。

結局、11時まで洗濯機を回して、干して。午前中なのに、もう疲れました。
その後、小学2年の孫の散髪をして(心子さん、理容師免許持ってます。)、やれやれ、お昼ご飯って頃に、ママが仕事から上がって来ました。昨日、鍋にいっぱいにミートソースを作っておいたので、それで、ドリアやパスタにして昼食。
後期高齢者とシニア夫婦世帯なのに、肉とチーズの消費率が高いのよ~

結局、娘&孫達は夕方4時まで、ワイワイ・ガヤガヤと我が家で過ごし、
「帰りにスーパーに寄って行くんだけど、スーパー専用のカゴを忘れたから貸して。」と、娘。
「どうぞ、どうぞ。」と、心子さん。
何でもいいから、さっさと帰ってください、が本音であります。笑

気がつけば、街路樹のツツジが満開でした。
この花が終わる頃には、夏が来ますね。

IMG_8792.jpg


明日予定のイベントが、無事に終了したら、一段落します。

その後、東北旅行の備忘録を、残したいと思案中です。
既に、あの5日間が夢のよう。。。







  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

日常へ

こんにちは、心子です。

5月6日(木)晴れ。
丸1日を費やして、旅でたまった洗濯物と格闘。
ライムが、何故かよそよそしい。
娘宅での生活が、よっぽど楽しかったのか、5日間の留守番がショックだったのか。

車酔いの酷いライム、過去に嘔吐なしで乗っていられたのは、みかん山からの帰り道中の一度だけ。一緒に遠出は難しいので、留守番させるしかありません。思い返せば、みかん山より遠くへ、ライムとは一緒にドライブしたことなかったなあ。
みかん山、大切で貴重な思い出です。


そして今日は曇りからの雨。
昨日、無理して洗濯物を全部やっつけて良かった。

ライムのご機嫌は直ったらしく、今朝の散歩の足取りも軽く、ソファと心子さんの隙間の定位置で、いつものように寛ぐようになりました。やっぱり、すねていたのね。笑

IMG_8794.jpg


実は、今年のゴールデンウィークは、まだ重大なイベントが残っているんです。

それなのに、お調子者の心子さん、ご馳走の毎日に酔いしれて、体重が2キロ増し。着るつもりでいたワンピースがパツパツ。今更、ジタバタしても仕方がないので(諦め早っ!)、着られる服で何とかするしかありません。アクセサリーと靴で、なんとかしようと目論んでおります。昨日は、美容院で白髪を染めて来ました。

そんな落ち着かない気持ちを、先日加茂水族館で撮ったクラゲの動画を観て、紛らわしています。
動く気力なし。
増えた体重だけでなく、体型も戻る理由が見つからないです。(^_^;)



ブログで動画をアップしたいと常々思っていましたが、
去年、FC2動画投稿ツールを利用してアップしたところ、
いかがわしい動画が着いていたことが分かり、
即、削除する結果になりました。
そこで、今回はYouTubeを利用してみました。



動画貼り付け、初!
上手くアップ出来ていますように。




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

鶴岡市加茂水族館、新潟県経由で帰宅

こんにちは、心子です。

湯野浜温泉の宿を早めにチェックアウト。
車で数十分のところにある「鶴岡市加茂水族館」へ行きました。
ここは小さな施設ですが別名「クラゲドリーム館」として有名です。

ゴールデンウィークのため、整理券を発行して入場制限がされていましたが、開館早々の時間に到着、混雑はなく、制限されることもなく直ぐに入場できました。

クラネタリウムでは、幻想的で優雅な動きのクラゲに、たちまち魅了されました。
いつまでも見つめていたい、クラゲは、不思議で美しい生き物で、無言のままに癒されました。

さあ、これで今回の旅の予定は全て完了。
あとは、無事に帰宅するのみです。
ナビの導きに素直に従って、日本海東北自動車道(多分)〜北陸自動車道〜関越自動車道を、一切の渋滞もなく順調に帰って来ることが出来ました。

夕食は、ホカ弁で買ったロースカツ丼。
昨晩までの夕食が、いきなり遠い夢になりました。笑

202105052110078a2.jpeg

さてゴールデンウィーク後半は、この5日間で増えた体重を、どうやって戻そうか本気で考えることにいたしましょう。

ライムは、娘の家にお泊まりして留守番でした。
心子さんのお迎えに、尻尾ブンブンすることも、キュンキュン甘えることもなく、
「かあちゃん、どこ行ってた?留守番のご褒美クッキーちょうだい。」と、淡々と、そしてノロノロと近寄って来ました。
なんだか、肩透かしされた飼い主でありました。





  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

白神山地・青池散策、男鹿半島なまはげ館、湯野浜温泉へ

こんにちは、心子です。

朝から青空が見える東北の旅4日目の朝。
山桜と八重桜が見頃の青森県深浦町、不老ふ死温泉を、8時にチェックアウト。
宿から車で30分、世界遺産(自然遺産)に登録された白神山地へ、車を走らせました。

森の物産館キョロロに車を止めて(有料500円)、青池を目指して散策です。
混雑もなく、予定通りにさわやかな森林抜ける散策を、満喫することができました。
予定コースの最後のポイントは、十二湖庵で沸壺の池の水でたてたお抹茶で一休みです。
20210504211936dd9.jpeg

こんな小さなひと時が、人を幸せにすると感じた瞬間でした。


白神山地の散策後は、この旅のメインだった旧友との再会でしたが、コロナ禍を考慮して計画中止としました。
お互いに、頑張って生きていれば、また再会出来る機会があるだろうと前向きにね。

車は、予定変更して、秋田県の男鹿半島にあるなまはげ館を、目指しました。
見学後に、軽くランチして、山形県の湯野浜温泉に向けて車を走らせました。

旅の最後の晩だけは、豪華に、と思い、フレンチ会席膳の夕食にしました。

2021050421193506f.jpeg

20210504211937a58.jpeg

20210504211939c81.jpeg

20210504211940029.jpeg

20210504211943851.jpeg

20210504211942fc1.jpeg

メインディッシュの桜鱒と山形牛があまりに美味しくて、ワインと一緒にガツガツいただいき、写真を撮り忘れた貧乏性の心子さんでありました。笑



  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

弘前城、ねぷた村、鶴の舞橋、不老ふ死温泉へ

こんにちは、心子です。

今日は雨は降っていませんでした。
時々、晴れ間があるものの風が冷たく、ウールのストールで寒さをしのぎました。

8時過ぎ、早めのチェックアウト後に、最初に向かったのは弘前城です。

弘前城は現存天守12城の一つです。
東北地方で唯一の現存天守、絶対にはずせません。
石垣修繕のため、石垣から曳家された三重の天守は、どこか寂しい風情でした。

弘前城から歩いて5分くらいの所に「津軽藩ねぷた村」があります。
ねぷたの説明を聞き、ねぷた太鼓体験をし、津軽三味線の生演奏を間近で聴くことができました。

その後、車でリンゴ畑が広がる道を抜けて、廻堰大溜池(まわりぜきおおためいけ)に架かる日本一長い三連太鼓橋「鶴の舞橋」へ行きました。

そこでのランチはご当地への思い入れがタップリでしたよ。

鶴の舞橋ラーメン
20210503214337b5c.jpeg

鶴の舞橋カレー
白ご飯が岩木山、カツとメンチが鶴の舞橋、カレーは溜池のイメージだそう。
202105032151333da.jpeg


満腹になったところで、日本海を眺めながら、宿へ車を走らせました。
あ、アタクシは、ほとんど助手席で、居眠りしてました(笑)。

今夜の宿は、不老ふ死温泉です。

20210503215135b37.jpeg

宿の夕食は、海の恵みがたくさん。
なかでもアワビの踊り焼きが、身が厚く柔らかく、磯の香りが旨味増し増しで、今まで食べたアワビの中で一番美味しかったです。

20210503215137e01.jpeg

海に沈む夕陽が、部屋から見えました。
ようやく、雨オンナを脱した気がしました。





  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

十和田湖、弘前市へ

こんにちは、心子です。

朝食後、盛岡市から十和田湖へ車を走らせました。
昨日に引き続き、雨、そして寒い。
セーターと冬用裏起毛パンツ、用意してきて良かった。

十和田湖の子ノ口から、奥入瀬渓流を歩きながら、その流れと多くの滝を楽しみました。

銚子大滝〜九段の滝〜不老の滝〜姉妹の滝〜双白髪の滝〜白糸の滝〜玉簾の滝〜雲井の流れまで、渓流沿いの散策路を約6.3キロを歩き、雲井の流れのバス停から子ノ口へ戻りました。

ランチは、湖畔の休み処で、姫マスと稲庭うどん。

姫マスの塩焼き。右下の付け合わせは、あんずの紫蘇巻き。
202105022042066eb.jpeg

おすすめメニューだった「稲庭十和田うどん」
きりたんぽと比内地鶏のミンチ入り。
喉ごしさわやかなうどんでした。
20210502204208906.jpeg

きりたんぽの味噌焼き。
20210502204208cb4.jpeg

十和田湖は、秋田と青森の県境であることを、ここで初めて知りました。

食後は、湖畔の十和田神社と乙女の像を、回って見てから十和田湖を後にし、外気温6度、弘前市に近付くにつれて、冷たい風が吹き荒れ始めました。

夕食は、寒さのため外食を中止して部屋飲みしました。
せめてビールだけは、普段飲めない高級なビールを。
ツマミは、サンドイッチと胡瓜、こちらはいつもと同じです。笑
20210502205812ee7.jpeg


宿の露天風呂には、リンゴが沢山浮いていましたが、暴風雨の中で入る勇気はありませんでした。




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

盛岡へ

こんにちは、心子です。

中尊寺よりも北は、初めて訪れる場所です。

肩痛の相方と運転を交代して、前沢牛のランチを目指し高速道路を120キロで飛ばしてました。その時、宮城県沖で地震が発生し、一関インター手前から高速道路は通行止めになり、強制的に一般道へ降りることに。

予定より1時間以上遅れて、前沢SAでようやくランチとなりました。
前沢牛も食べたいし、遅めのランチは麺類で軽くして、夕食に備えたい。
そんな望みを叶えてくれた至極の一杯。

前沢牛味噌ラーメンです。

2021050121095104f.jpeg

20210501210813b82.jpeg


午後3時、チェックインを済ませてから、盛岡市内散策。
岩手銀行赤レンガ館、啄木・賢治青春館(旧九十銀行本館)、盛岡八幡宮を、雨ニモマケズに歩いて見て回りました。

夕食は、焼肉&ビールと絶対に外せないご当地名物の盛岡冷麺を。

202105012114364da.jpeg

盛岡は、ちょっと肌寒くて、八重桜が見頃でした。





  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
健康で真面目って、意外と努力が必要なことなのね。2017年3月に大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
お気に入り
PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
FC2カウンター