FC2ブログ

凧揚げ、命懸けで孫と遊ぶ

こんにちは、心子です。

日曜日なのに、
「おはよーっ。おーま(←心子さんの呼称)♪」と、孫達の奇襲でした。

(え~っ、今日はのんびり昼風呂入って、夜はラザニア作って、赤ワインの予定でいたのにぃ。今日来たのぉ。)

「僕ね、凧を作ったから、公園へ行こう!」

見れば、レジ袋に毛糸とトイレットペーパーの芯で、子供らしい手作りの凧。
今時の子供は、これを凧と言うの?
IMG_7681.jpg

とりあえず、それを持って裏の公園へ行きましたけれど、その凧が高く飛んだかどうかは、ご想像にお任せします。

あまりにいじらしくて、
「おーまが、本物の凧ってもんを教えてあげるよ。凧はね、走って飛ばすんじゃないの。風に乗せるの。」

そう言って、孫を車に乗せて、市内のホームセンターの片隅にある100円均一の店で、ようやく凧を見つけ、購入しました。

それを持って、市立運動場へ行き、孫に凧揚げの指南をした心子さん。
IMG_7672.jpg

予想以上に孫は喜び、テンションが上がり、
7歳男児と60歳のお婆が、空と風を共有して、本気モードで凧揚げを堪能しました。

喜び勇む孫を、ようよう説得して、車で家に戻り、遅い昼食を食べ終わった時には、心子さんはすでにクタクタでした。

「おーま。もう一回、凧揚げに行こう!」
「いや、おーまはもう無理。爺かパパが帰って来たら連れてってもらって。」
完全にバッテリー切れ状態(笑)。

自分が心臓病持ちってことを忘れ、童心に返って夢中で芝の斜面を、孫と一緒に上り下り。
ハァハァと息を切らしながら、命懸けで孫と遊びましたよ。

久しぶりに青空を見上げ、空と風に向き合って、
体はクタクタでしたが、気分は爽快、最高でした。
IMG_7676.jpg



このまま凧と一緒に、天国へ駆け上がるのも悪くないな、そう思った冬の一日。





  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

スポンサーサイト



何事も練習から、コンビニでポイント決済

こんにちは、心子です。

マイナポイントを付与されたので(関連記事)、早速ポイントを使う買い物の方法を、練習して来ました。

現金で物を買う世代に育って来た心子さんです。
近所のスーパーでは、Tポイントが貯まると、レジの方が「ポイント使いますか?」と聞いてくれます。
自らポイントだけで、物を買いに行くことは今までありませんでした。
しかも、カードではなくスマホ画面で買うなんて。

車で市内にあるたった一軒のファミマへ行き、スマホに表示された楽天ポイントのバーコードを使って、おにぎりとお茶、スイーツを買ってみました。
IMG_7667.jpg

「ポイントでお願いします。」(ドキドキ)
スマホを差し出して、楽天ポイントが表示されているバーコード画面を、レジの女性に示して(←この行為が初体験/笑)、
ピッ!
「全額ポイントでいいですか?」
「あ、ハイ。そうしてください。」
終了~~~っ。
「ありがとうございました。」

お金を払わずに、品物を持ち帰る後ろめたさを感じたのは、心子さんの経験不足(ってか初体験)のせいでしょうか。
IMG_7668_20210130220514daf.jpg

田舎者丸出しの還暦女史心子さん、コンビニでポイント決済初体験。

レジの方も田舎のコンビニ店員です(同年齢の女性だったので安堵感/笑)。
今まで何事も、経験から学んできました。だから、これからもずっと・・・・。

あー、新鮮だった。

これで、この先はスマホ1つで、出先で使える感覚が分かったぞぉ~、うひひひ (^_^)v

おにぎりとお茶だけで、初体験の緊張から解き放たれたので、
なんだか嬉しくて、意味も無くスイーツを相方にあげました。

「おっ! いいの?コレ食べちゃって。」
単純に喜んでくれる相方が、何故か優しく見えましたとさ。





  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

夢よ、ありがとう

こんにちは、心子です。

「ばっかじゃないのっ!」
そんな心子さんの大声で、隣のベッドの相方が、夜中に目を覚ましたそうです。
その後、聴き取れない心子さんの寝言が、ムニャムニャと続いたそうです。

当の心子さんは、
怒り心頭の夢の最後に、
「ク○ッタレがぁーっ!」と叫んだところで、夢から覚めました。
夜中の3時過ぎのコトでした。
夢の中で、叫んでいた自覚もありました。

緊急事態宣言下で、一層の引きこもり生活に加えて、
いつの間にか、週に4日になった孫達の世話、
マイペースで、隣家の寺の行事である寒行に毎晩通うハハ・87歳。
毎日、不定期な帰宅時間の相方の夕食準備。

知らず知らずのうちにストレス溜まっていたのかもしれない。
夢の中で大声で叫んだおかげで、今日はなんだかスッキリ、さっぱり。

夢よ、ありがとう。


2021012920473765c.jpeg
炬燵の中で暑くてのぼせ、水を飲んだ後に、
ばったりとその場に行き倒れるライムです。
この子は365日マイペース 、夢をみることあるのかな。






  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

手作り味噌に挑戦(実践)

こんにちは、心子です。

手作り味噌を仕込みました。

初めての味噌作りの所感は、
・大豆1キロの量が、煮上がる時には、予想以上に多くてびっくりでしたね。
・茹で上がった大豆を、水切りのためにザルに上げて煮汁を切る時も、重っ!
・心臓病持ちの心子さんには、大豆をすり鉢で潰す体力も根性もないので、フードプロセッサーを使いました。
・潰した大豆と塩・米糀を混ぜ合わす時には、我が家最大のボウルでも、ぎりぎりで溢れそうでした。

さて、自分用備忘録として、実際の手順を記します。

①大豆1キロ+水2.5リットルで、一晩浸す。
味噌1

②丸かった大豆が楕円になり、量も増えてこんな感じ。
味噌2

③3時間(作り方では4時間程度とある)煮て、大豆は、指で潰せる柔らかさになったので勝手にOKとした。
味噌3

④ザルに揚げる。(この時の重量が約2キロと作り方には書いてあったが、1キロ以上を計れないので無視/笑)
  煮汁を200cc程とっておく。
味噌4

⑤大豆が温かいうちに、フードプロセッサーで大豆を潰す。
 ( 注:一度に沢山の大豆を入れると、大変なことになるので少しずつが良い。)
味噌5

⑥左:米糀1キロと塩450グラムを混ぜた「塩切りこうじ」、右:潰した大豆
 「塩切りこうじ」を潰した大豆の中に混ぜる。この時④の煮汁を少しずつ加える。
 ( 煮大豆の重量が2200グラム以上なら煮汁は加えないと書いてあったが、重量不明なので加えた。)
味噌6

⑦丸めて並べ→押しつける、を繰り返してきっちり詰め込む。
味噌7

⑧容器は5.1リットルの漬物用容器。小さ過ぎかと心配したけど入り切った。
味噌8

⑨味噌の表面にラップ→中蓋→重し(1.5キロ)の順
 (作り方では、重し800グラム程度とあったが、手頃な物がないので1.5キロとした。)
味噌9

⑩蓋をして、ポリ袋に入れて、床下へ保管。(重しの高さで蓋がピッタリ収まらなかった、大丈夫かな。)
味噌10

大豆1キロ+米糀1キロ+塩450グラムで、塩分濃度11.5%
塩500グラムで、塩分濃度12%
これ以下だと酸敗するので注意。

以上

朝9時半から煮始めて、終わったのが午後1時半ごろでした。
きっちり作り方通りではなかったけれど、時間的には半日仕事ですね。

フードプロセッサーで煮大豆を潰すアイデアは、ブロガーさんのブログから拝借させていただきました。
この方法を知らなければ、ゼーゼー言いながらすり鉢で潰すことになっていたかもしれません。笑
ありがとうございます。

半年後、美味しく出来て、手作り味噌が、次回~来年へと続きますように。




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

マイナポイント付与

こんにちは、心子です。

去年の10月にマイナンバーカードを取得しました。(関連記事1
マイナポイントは、楽天カードで20000円以上の買い物をして、5000ポイント付与の方法を選びました。

そして、11月に、楽天カードを使って電気圧力鍋を買いました。(関連記事2
選んだ電気圧力鍋は、”スーパーポイントアップ商品”でしたので、そのポイントは2170ポイントでした。

12月には、その時の電気圧力鍋の支払いが、引き落とされて完了となりました。

それから一月遅れの、1月23日に、マイナポイントの5000ポイントが、付与されていました。

マイナンバーカードを取得してから、マイナポイント付与までの道のりが長くて(笑)、すっかり、その存在を忘れていました。
今日、スマホで楽天カードを確認して、マイナポイント付与を知った次第です。
思いがけずに合計7170ポイントを得られて、嬉しいです。

IMG_7645.jpg

何に使おうかな、フトコロが膨らんだ気分でワクワクしてます。




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

手作り味噌に挑戦(予定)

こんにちは、心子です。

生協で「手作り味噌セット」なるものを注文してみました。
以前から気になり、やってみたかった事の1つです。

IMG_7640.jpg

中身はこんな感じです。
大豆1キロ・米糀1キロ・塩0.5キロで、出来上がり3.5キロになるそうです。

IMG_7642.jpg

何故、1キロ増えるのかと、作り方を読みましたら、
・大豆を一晩水に浸す。
・翌日、2リットルの水で4時間煮る。
と書いてありました。材料に水分が加わって、重量が増えるのですね、なるほど。

なので、今日できることは、水に浸すことだけです。
5リットルくらいの容器が必要と書いてありましたが、ありませんので、明日購入します。
そして、気長に大豆を煮ます。せっかちな心子さん、4時間も耐えられるかな。

毎日、引きこもり生活で、罪悪感を感じるほどに時間を持て余しています。
明日、するべき事があると、新鮮な気持ちになれます。

どんな味噌が出来上がるのかな、今から楽しみです。



味噌の容器の方が、味噌よりお高い!
安いプラスチック製でも大丈夫よね?!






  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

日曜日の読書「泣くな研修医」と7年前の写真

こんにちは、心子です。

昨日からの雨が、夜中に雪になり、そして再びの雨です。
乾燥した毎日でしたから、良いお湿りとなりました。

昨日のうちに買い出しを終えましたので、特に予定のない日曜となり、心子さんは、ひたすら読書してました。
相方のゴルフは、雪で中止となり、時間を持て余した彼は、朝からタブレットを掴んだまま(笑)、プライムビデオで洋画を観ていました。

まあ、夫婦でダラダラ過ごしていた、静かな日曜日でした。
時には、こんな日曜日も悪くないですね。

そんな中、図書館で借りた本「泣くな研修医」 中山裕次郎著を、読み終えました。
自伝的要素をも含んだ本のようです。
主人公の研修医・隆治の純粋でひたむきな気持ちが、伝わる良い話しで、最終章は涙、涙、でした。
IMG_7631.jpg

続編に「逃げるな新人外科医」があるようなので、こちらも読んでみたくなりました。
他に「医者の本音」という本も出していて、それにも興味が湧いてます。
得てして、医師が書く本は、非日常的な場面や視点が散在し、面白く惹かれる場合が多いです。
また、図書館へ行く楽しみが増えました。




さてさて、話しは変って、以下は7年前の大寒の頃の写真、2枚です。

パパさん、おむつ交換中です。
生後2週間の孫と、おむつの中が気になるクリス。
IMG_7628.jpg

孫とライム。7年前は、ライムより小さかったのね。
IMG_7629.jpg

犬達は、乳臭い乳児に興味津々で、ついて回って舌でペロペロしたがっていました。
その度に、娘は「犬に舐めさせないでよ。」って、怒ってました。
母になって強くなりました>娘 (^_^;)
今では、クリスは他界し、ライムより小さかった孫は、心身ともに大きく成長しました。

この2014年の冬は、記録的な大雪で、心子さん地方でも1メートル近い積雪でした。
物流が途絶え食材が不足し、雪の重みで雨樋が壊れ、忘れられない思い出深い年でした。

明日は晴れますように。




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

東京2020観戦チケット返金のドタバタ

こんにちは、心子です。

去年の11月に、12枚当選した東京オリンピックの観戦チケットのうち、4枚だけ残して、8枚を取り消し・返金申請を行いました。

その後、沙汰が無いなあと思っていたら、

1月13日に、東京2020からメールが来ました。
その内容をまとめると、
「VISA返金エラーのため返金手続きが完了しなかったため、1月20日~2月1日の期間内に、口座登録手続きを行え。」でした。

20日、指示通りに、東京2020公式チケット販売サイトへログインしたら、メンテナンス中で、マイチケットでの確認が出来ませんでした。

んんん? 何故だ?

すると、前日の1月19日に、再び東京2020からメールが来ていたことに気がつきました。
その内容をまとめると、
「現在、返金再確認中、返金可能な方には返金の準備をし、1月27日にメール案内してマイチケットに反映する。」でした。

要するに、27日に、もう一度メールとマイチケットを、確認すればいいのね。

なんだか振り回されている気分になりましたよ。
返金手続きにドタバタしているように思えたのは、心子さんだけでしょうか。。。

新型コロナウィルスのせいだとは言え、東京オリンピック大会組織委員会もVISAも、予想外の手間が増えて大変とは思いますが、貯めたヘソクリで観戦チケットを購入した庶民の心子さんも、大変なんですよ。涙

もし、このまま東京オリンピックの開催が中止になったら、手元に残した4枚のチケット代金は、ドブに捨てることになるのだろうなあ。 11月の取消し申請の時に、全部取り消してしまうべきでした。後悔してます。

だからと言って、感染の危険を冒してまで観戦する勇気、ないなあ~





  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

春を待つ日本酒

こんにちは、心子です。

日本酒の旨さに目覚めたパパさん(娘の夫)が、仕事帰りに、美味しいお酒を、お裾分けに来てくれました。

IMG_7626.jpg

写真左は、八海山です。
雪室貯蔵?のお酒らしいです。
八海山は、好きな日本酒の1つですが、これは初めてなので、早速いただきました。
透き通った水のような色合いで、淡麗辛口はいつものまま、少しまろやかな感じがしました。

月~水は、休肝日。
木曜は麺の日、気分次第で。
金~日は、晩酌の日。
今年から、そう決めて、ようやく軌道に乗ったところです。
年末年始は、暇に任せて毎日飲んでいましたが・・・。(^_^;)

実は、1月9日には、こちらもいただきました。
IMG_7580.jpg

写真右は、雪中梅です。
懐かしい感じがします、昔からあった新潟のお酒です。
子供の頃から、一升瓶でよく見かけました、今でも健在だったのですね。
「雪中梅」の名前から、
ようやく咲いた梅の花の上に、季節外れの重たい雪が積もる、そんな風景をイメージします。

毎日、大根と白菜を食べてますが、それらも旬を終える時季になり、いささか飽きて来ました。
そろそろ菜の花のお浸しや、蕗の煮物などツマミながら、飲みたいものだと思います。

週末は、雪中梅を飲みながら、春を待ちわびましょうか。。。




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

軽量ミシン

こんにちは、心子です。

相方は、晩酌で気分がほぐれ、ソファで寛ぎながらネットで買い物をすることが多いです。
たいていの場合は、ゴルフウェアやゴルフ用品。
まあ、時には「なんでこんな趣味の悪いベルトを買ったんだ?!」ってこともありますが、今のところ大きな失敗も無く、上手く買いこなしているようです。

先週、生協のカタログを見て、
「オレも注文していいか?」と言うので、
「どーぞ、どーぞ。」とカタログを渡したら、ミシンを注文していました。
まあ、この晩も、一杯飲んだ後でしたけれどね。

何故、ミシンなんだ?
ウチには、大きくて重い立派な電動ミシンがあるじゃないか。
使い勝手が、重くて面倒なので、もう10年以上押し入れにしまったままだけど。

尋ねてみたら「ネットで買ったズボンの裾上げに使う」とのこと。

無駄っ。
酔った勢いでネットなんぞで買わずに、店で買えば、裾上げなど無料か、何百円かだろうが。

で、今週の生協の配達で届いたミシンがこちら。
なんとも、軽くて小さい。
IMG_7623.jpg

ペットボトルほどの高さ。

IMG_7621-2

” 重さ2.2㎏で持ち運びに便利 ”
この言葉にほだされて、相方よりも先に心子さんが使い始めましたよ。
しまむらで買った990円のチュニックの裾上げにね。(自爆)
安物で普段着だから、手縫いで修繕するつもりだったのです、当初は。

しょーがない、相方のズボンの裾上げも、ついでにしてあげよう。
図らずも、相方の術中にはまってしまいました。

そして、もう一つ、彼が注文したのがコレ!
IMG_7625.jpg

炭水化物と油脂の固まりとも言える代物、しかも大袋じゃないか!

心子さんは、来月の循環器受診日までに1.6キロの減量を目指し始めたばかりです。
こればっかりは、相方の術中にはまるワケにはいきません。

晩酌をしたら、生協のカタログを、相方に見せるのは、もう止めることにしよう。



  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

ハハと炬燵

こんにちは、心子です。

ハハ・87歳は、何年か前に、高さのある座り炬燵を、買いました。
その当初は、「座椅子では、立ったり座ったりが大変でねぇ。」
そう言ってました。

↓こんな感じの座り炬燵です。
 椅子の側面・前面はパネルで塞がっているので、炬燵の熱が逃げず、温かいです。
炬燵
(画像は拝借。言うまでもなくモデルは、ハハではありません。笑)

ところが、先日のこと、
「座椅子を買いたいから、ホームセンターへ連れてってくれ。」
と、ハハが頼んできましたので、車に乗せて連れて行きました。

「オバアチャン、座椅子をどこで使うの?」
「ん、炬燵で。椅子だと足が冷たくてね。」
「オバアチャンの炬燵は高さがあるから、座椅子は使いにくいでしょ。」
「大丈夫、大丈夫。座布団重ねて使うから。」

昔から、言い出したら聞かない性格なので、好きにさせてます。

今日、ハハの部屋を通りすがりに、チラッと見たら、
案の定、炬燵の上から、頭だけがちょこっと見えただけで、他は炬燵の影で見えませんでした。

「あ~、炬燵が暖かくて気持ちイイから、本を読みながら居眠りしちゃった。」
夕食時に、聞こえよがしに大きな声で、そうつぶやいていました。

そうだよね、体の大半が炬燵の中で、座椅子に座ってはテレビが観られなくなっちゃって、新聞を炬燵の上に広げて読むには、少なくとも座椅子の上に膝立ちしなくては、高さ的に無理だから、本くらいしか読めないよね。

思ったけれど、口には出しませんでしたよ。

87歳の扱いは、孫よりも面倒かもしれません。





  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

今度生まれたら

こんにちは、心子です。

内館牧子の小説「今度生まれたら」を、読み終わりました。
面白かったです。
最後のページで、ふふふ、と笑わせてくれます。
やるなー、内館牧子さん。そんな気持ちで本を閉じることが出来ました。

思い返せば自分にも、これまでの人生で、何回かターニングポイントがありました。
たいていの場合、道は二本に分かれていた気がします。
もしもあの時、二本のうち今とは別の道を選んでいたら、別の人生になっていたのではないか。

そう思い、考えることって、確かにあります。
多分、自分は死ぬまでこのことを、繰り返し思ったり、考えたりするだろうと。。。

IMG_7599.jpg

そんな気持ちの収めどころを、この本は、さらりと教えてくれました。
「選ばなかった道は考えないことだ。せいぜい、今度生まれたらと・・・、と思うのが平和だ。今度また生まれるなんてありえなくてもだ。」 と。

なるほど!
その方が「あの時、別の道を選んでいたら。」よりも、可能性が広がって、気持ちが静まります。

今度生まれたら、有能で才覚豊かな、バリバリ働く独身女性。
今度生まれたら、お金持ちで、自分の趣味で一生社会貢献できる人間。
今度生まれたら、とにかく健康で丈夫が取り柄で、自然に囲まれて自活出来る人。


今度生まれたら、食う・寝る・遊ぶをし放題で、飼い主と愛情に恵まれて、車の運転が出来る。なんてのも、悪くないね。
↓こちらは、運転出来ず飼い主を待ち侘びる犬。(笑)
IMG_7605 (2)


そして、今度生まれたら、今の相方とまた結婚する・・・、かなぁ?





  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

冥土の土産は

こんにちは、心子です。

すっかり更新が滞ってしまいましたが、心子さん、生きてます。

不完全燃焼な年末年始を終えて、緊急事態宣言のため厄除けの参拝を諦め延期して、ただただ退屈しています。

この退屈の泥沼で、ただ1つ救いになっているのは、去年読んだ「すぐ死ぬんだから」以来、内館牧子の小説にハマったことです。 内館牧子は、横綱・朝青龍にもの申す横綱審議委員で、元マラソン選手の増田明美に似ている脚本家だと思っていました。ところが、小説作品もたくさんあるのですね。今までノーマークでした。
図書館で2冊借りたので、毎日読書三昧しています。

こちらさんは、炬燵争奪戦を楽しんでます。
別々に入ればいいのに、何故か同じところから入りたかる不思議。
IMG_7563.jpg



もう一つ見つけた慎ましい楽しみ、それは、旅行の旅程表を、幾つか作成しておくこと。
パソコンを起してブログを書かずに、Googleマップとエクセルを開いて、せっせと思案してました。

去年は、コロナ関連は全てが初めてでしたから、こちらを諦め、あちらはキャンセルなど、ガッカリの連続でした。それでも、タイミングや様子を見つつ、県民割引やGo toを利用して、近場の温泉やお城めぐりが、数回できました。

今年は、宿の予約が、比較的楽にできそうなので、予め旅行の目的地と行程だけを決めておいて、行けそうな時に即行く、そんな方法に切り替えました。

相方にそう伝えたら、
「あと4年で退職するから、そうすれば仕事ないからいつでも行けるじゃないか。」
我が家の”旅行”は、車での移動が基本です。距離によっては、交代で運転です。

「4年後に、今と同じ体力があり病気になっていない保証は、どこにもないの。ましてワタシの心臓はポンコツ、普通のポンコツとは違うんだから。ワタシは行ける時に行きたいの。一人でも行けるところは、もう行き尽くしたのよ。」

そして選んだ目的地の一つ目は、ここ。
日本海に沈む夕陽が、ジュッっと音を立てそうな不老不し温泉
不老不死温泉

冥土の土産にピッタリ。(笑)

走行距離約700キロ、走行時間8時間以上、持病持ちの還暦女史一人では無理です。
ああ、そこまで行くならば、弘前城も外せないと、欲が出てきます。

どうか、行ける日が訪れますように。




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

不便の中から今年の目標が見えました

こんにちは、心子です。

10日に、厄除けのお詣りへ行く予定でしたが、止めにしました。
外出自粛中に、厄除けへ行きコロナ感染にでもなったらば、洒落になりませんものね。
我慢に慣れたと言うよりも、感染者数が減れば行ける日もある、そう思っています。

大寒波の3連休は、休む間もなく、せっせと3度のご飯の支度に追われていました。

「揚げ物をするならば、うどんがイイんじゃない。」そう、娘に言われましたが却下。
手間と食材の都合で、お昼のメニューは”揚げ物・焼きそば・塩おにぎり”でした。
4歳から87歳までの胃袋を、満足させる油脂分と炭水化物は、強い味方です。笑
IMG_7585.jpg



話しは変って・・・、去年から、ドコモメールが使えません。
受信は今まで通りに出来ますが、送信が出来ません。

どうやら原因は、@の前の部分(今でもメールアカウントと言うのかな)に、ピリオドを2つ連続してあることではないかと、思うに至りました。今まで、20年間使って来て問題なかったのに、今更、何故よっ。(怒)
それじゃ、確認と修正のためにドコモサイトに入ってみましたが、上手くいきませんでした。(涙)
もう、ドコモショップへ行くしかありませんね。
事前予約制で、以前のように混雑はありませんが、感染者数急増中の今の時期は、気が進みません。

コロナ禍さえなければ、予定通りに行えることも、先延ばしになります。
残念ですが、仕方がありません。



コロナ感染の波間をみながら、楽しみや予定行動を、簡単には諦めない。

今年の目標は、コレだね。 負けるもんかっ。








  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

年末年始の備忘録 その3(読書)

こんにちは、心子です。

今日もまたタイトルに”備忘録”です。
まだ、お正月ボケでしょうか。(^_^;)
書きたい事と、思っていた事と、時間のコントロールが、上手く噛み合わないので、”備忘録”の言葉に頼っています。

年末年始に読んだ本、3冊。

タイガー理髪店心中
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タイガー理髪店心中 [ 小暮夕紀子 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/1/8時点)



2作品からなる1冊で、1編目は、理容店を営む老夫婦の物語。明るさがなく、静かにのしかかってくる読後感でした。
2編目は「残暑のゆくえ」は、食堂を切り盛りする老女が主人公。彼女の母親の回想が物語の主軸になって進みます。
どちらを読んでも、「生きる」と「生活」は同義語なのか、その違いは何なのだろうか、そう思わせられた作品でした。



東京ロンダリング
IMG_7377.jpg
離婚した主人公32歳が、東京の事故賃貸物件に住んでロンダリング〈浄化〉する。最後には、人生再生?する物語。本当にこんな仕事があるの?と思いながら、すらすらと読めた作品でした。


すぐ死ぬんだから
IMG_7568.jpg
生きる姿勢は若々しくカッコイイ女・78歳の老女が主人公。夫の突然の死で明らかになった40年間に渡る彼の不倫。歯切れが良くて、面白かった。自分も正しく?「すぐ死ぬんだから」の免罪符を使える潔い後期高齢者になりたいと、本気で思いましたね。 内館牧子、あっぱれですわ。

NHKのドラマを見逃したので、図書館に予約してようやく読めた「すぐ死ぬんだから」でした。
なんと!コミック本も発刊されていたのですね。読んでみたい気がします。
表紙に書かれた I'm gonna die soon. anyway... がクスリと来る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すぐ死ぬんだから 第1巻 (希望コミックス) [ 内館牧子 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2021/1/8時点)





3冊とも、図書館で借りた本です。外れ無し、どれも面白かったです。
今年は何冊読めるかな、乱読でもイイ、たくさん本を読みたいですね。

東京ロンダリング以外は、主人公が皆、老人ばかりでした。
そういう年代の人の気持ちが、分かるようになってきたってことでしょうか。
気持ちの幅が広がった、読める領域も広がった、悪くないです。




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

年末年始の備忘録 その2(報奨金)

こんにちは、心子です。

勤続40年で会社から報奨金をもらった相方が、そのうちの3万円を、心子さんに分けてくれました。
「これ、やるよ。 洋服とか飾り(ピアスや指輪のこと)物とか、欲しい物を買えよ。」

結婚35年、相方から現金を、直接手渡されるのは、初めてのことです。
今までずっと、自分の欲しい物は、自分で働いたお金で買って来ましたので。
どういう風の吹き回しでしょう、ここのところの大寒波は、アナタのせいでは?とさえ思えてきました。

「え?どうしちゃったの??」 
不気味過ぎて、素直に喜べません。
「欲しかったゴルフ用品が7万円足らずで買えたからさ。それに、ほら、40年続いたのは、オレ一人のご褒美じゃないからね。」

つまりは、先ずは自分の欲しい物を買ってから、釣り銭を心子さんへの駄賃にした、そういうことね。(笑)
後半部分の一言は、会社の誰かから言われたのでしょう。
およそ、察しがつきましたよ。
それでもいいです、滅多に無いことですから、有り難くいただきました。
”残り物には福がある” とも言いますしね。

去年、衣類を整理処分したばかり、特に欲しい服はありません。
退職してから、毎朝お化粧することもなくなって、化粧品も不要です。
3万円を見つめながら、物欲がすっかり失せた自分に、気づかされました。

とりあえず、封筒に入れて、表に「謝礼金」と書き記して、引き出しへ仕舞いました。
「謝礼金」、この表現が正しいかどうかは、定かではありませんが。


IMG_7574.jpg
↑これを買った残額が、心子さんへの分け前になったのですね。
最初から半々に分けてくれたら、今よりもっと大事な旦那様に、思えたかもしれない?!笑







  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

年末年始の備忘録 その1(映画)

こんにちは、心子です。

のんびり静かにを決め込んだ正月でしたが、3日と4日は、思いの外に慌ただしくて、少々、疲れました。
相方も娘家族も、順調に仕事にもどり、いつものペースで生活できるようになりました。

しかし、今年は寒い。だだでさえ、山から吹き下ろす風が冷たい地方なのに、今日は吹くなんて優しいもんじゃありません。一日中、吹き荒れています。
ライムの散歩以外は、ついに一歩も外へ出ませんでした。食材は、まだ正月の残りでつなげますし。

さて今日は、年末年始に観たアマゾンプライムビデオの備忘録です。
この時期特有のうるさいだけのお笑い番組は、ほとんど観ませんので、駅伝や家事の合間で、映画を3本観ることができました。

「ザ・ファブル」

岡田准一主演の映画。
ファブルと呼ばれる殺し屋(岡田准一)が、一年間、誰も殺さずに一般人としての生活を始める、と言う話し。
岡田准一の良いところも満載でしたが、印象的だったのは、柳楽優弥の狂気的な演技の凄さでした。


「来る」

やっぱり岡田准一主演、ホラー映画?
ハッキリ言って、好みの映画ではありませんでしたね。
最後は血が飛び散るだけのスプラッタ映画で、ストーリーの意味が分からなくなりました。


岡田准一ファンとしては、「燃えよ剣」の上映が気になるところ。
去年5月の上映予定が延期になっていましたので、改めて調べたら、今年10月に上映が決定したようです。



「お家さん」

明治~大正~昭和の激動の時代に、奇跡の発展を遂げた”鈴木商店”の物語。
天海祐希と小栗旬の好演が、心に響く良い作品でした。


退職したらしたいことの1つに、”平日の映画鑑賞&ランチ”がありました。
去年は、コロナ禍のため、その願いも空しく、映画館へ足が遠のいてしまいました。
今年は様子をみながら、映画館での映画鑑賞を、楽しみたいです。





  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

初詣

こんにちは、心子です。

備忘録、昨日の記事の続きです。

<1月4日:午後>

4日の午前中に、オママゴトと公園で砂団子作りで遊んだ孫4歳でした。
午前中、心子さんが、彼女の相手をしている間、相方は、テレビをつけたままでイヤホンを耳に、タブレットでアマゾンビデオを観ていただけ、ソファから動いた形跡が全くありませんでした。せめて、テレビくらいは消して欲しいっ!(怒)

「オトーサン(相方のこと)、少しは動きなさいよ。午後は、どこかへ連れ出してちょうだい。」
「じゃ、初詣に行くか。」

そんなノリで、車で30分ほどの神社へ、孫4歳とライムも乗せて、お詣りしてきました。

皆と一緒に出かけられて、最初はノリノリだったライム。
初詣2

20分程経って、峠道に入ると車酔いが始まった様子で、息が乱れてヨダレが出始めました。
「ライム、吐くなよ。もう少しで着くからな。」
愛車を汚されたくない相方は、必死で励ましていましたよ。

(ライムも一緒に連れて行くって言い張ったのは、アナタだよね。)
そう心の中で冷たく突き放し、心子さんは狸寝入り。へっへへへへ

なんとか嘔吐せずに持ちこたえたライムは、降車して直ぐに、大量の放尿&脱糞(←いつもそう)。
無事に到着することが出来ました。(一番喜んでいたのは、言うまでも無く相方/笑)


懐かしい山です、そして、見事な青空です。
若い頃は、山歩きも趣味の1つでした。
自分の子供達が小学生の時に、家族で登りました。鎖場がありスリリングな山です。
冬に、クリス(先住犬ラブラドール)を連れて、別のコースから登ったこともあります。
ただ大型犬と一緒に歩くには、道が細くて悪くて、楽しいよりも滑落しそうで怖かった想い出があります。
以来、足が遠のき、ここに来るのは、十数年ぶりくらいになります。
初詣3

孫4歳は、車の中で爆睡中。
初詣4

車中で眠る孫を起こして、ライムを連れて、いざ、初詣へ。
先に皆で、下の写真左奥にある拝殿で、お詣りを済ませました。

その後、相方と孫は、急な傾斜で、長い階段の上にあるお社まで、行って来ました。
心臓が弱い心子さんは、ライムと一緒に下で待っていました。
初詣5

参拝後は、お休み処で大きなソフトクリームを食べて、一休み。
帰り道の途中で、孫7歳が通う学童保育へ寄って、お迎えを済ませました。

夕方6時、仕事を終えたママが来て、ようやく孫達から解放されました。

孫達が帰ってクタクタかな、倒れ込むように眠るライム。笑
IMG_7473.jpg


お疲れ様でした。




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

ママゴト大好き@孫4歳

こんにちは、心子です。

更新日と実際の日が、異なります。


<1月4日:午前>

ママ&パパは、仕事始め、孫7歳は学童保育へ。
孫4歳が通う保育園は、休園中。
朝から、彼女をお預かり、子守でした。

娘の第一声「朝ご飯、まだだから。よろしく!」と共に、
ニコニコ笑顔で「オーマ、来たよ-」と、無邪気に走り寄る孫4歳、無条件に可愛い。
パンと牛乳で、簡単に朝食を済ませてから、二階のママゴト部屋へ直行してました。

ママゴトのお相手は、ライムです。

今、デザートを作りますからね。
ママゴト1

はい、どーぞ。
これがデザートでしゅか・・・。
ママゴト2

食べられましぇんじぇ。
ママゴト3

食べられないのに「待て」でしゅよ。
ママゴト4

人形が、ぶっ倒れましたじぇ。
ママゴト5

ライム!見て、見て!
紙切れ飛ばすと キレイでしゅね~。
ママゴト6

ライムは、孫の遊び仲間に入りたがる子です。
孫4歳にとっては、今のところ良いママゴト相手になります。
ライムならば、自分の言うことに従うし(笑)。


ママゴトに飽きたら、裏の公園で、泥団子作りでした。
最近の孫4歳のブームは、この泥団子作り。
ママゴト7

イイ砂(きめ細かな砂)にこだわり、水加減に、うるさいです。
出来上がった砂団子を、壊さないように家まで運べと、命令口調で指図します。
孫4歳、嫁に欲しくない女街道を、爆進中〜。笑

午後には、相方が運転して、孫と初詣へ行くことになりました。

(続く)




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

孫7歳の誕生日

こんにちは、心子です。

のんびり過ごしていた正月のツケが来たかのように、後半は怒濤の日々でした。
おうおうにして、人生なんてそんなものですよね。

備忘録のため、更新日と実際の日が異なります。

<1月3日>

7年前の1月2日は、心子さんは、ゴルフのグリーンデビューの日でした。
相方の指導の元、近くのゴルフ場でハーフコースを回っていたのでした。
霜でコチコチに固まったティーグランドに、ギリギリとティーを刺し、
「ここまでしてゴルフのどこが楽しんじゃいっ!」
相方の指導に半分ぶち切れていたところに、携帯に電話が入りました。
臨月の娘が破水して、入院したと。
(2014年1月2日 撮影)
IMG_7558.jpg

それまでクールだった相方は、落ち着きを無くして、
「どうする?!」
相反して、心子さんの回答は、
「初産だから、早々に生まれないよ。残り2コース回ってからで充分間に合うよ。」
いつうち捨てても惜しくないへなちょこプレーでしたが、
意地と根性で最後までプレーして、風呂まで入ってから、病院へ行ったのです。

案の定、陣痛は一晩越して、翌日3日に生まれたのは、約3600グラムの大きな男の子でした。
(2014年1月3日)
IMG_7559.jpg

あれから7年経ちました。
心臓の持病のため、今ではゴルフは出来ませんが、
あの時大きく生まれた孫は、大きいままに成長し(笑)、
コロナ禍を乗り越えて、無事に小学1年生になり、順調に学業を楽しんでいます。
本日、1月3日に7歳になりました。

今年は、何故か我が家で誕生日パーティ!?
IMG_7470.jpg

3日が孫の誕生日であることは分かっていましたが、沙汰がなければスルーするつもりでいました。
がっ、近所に住む娘からのライン「新年のご挨拶に伺います。」があり、親子4人で奇襲。
クリームグラタン、エビフライ、揚げシュウマイ、焼き肉、サラダ、それまで持て余していたあらゆる食材を駆使して、彼らの好みのメニューが勢揃いした、賑やかな食卓になりました。

相方(爺)からの誕生日プレゼントは、リモコンのヘリコプター。
クリスマスプレゼントもリモコンカーだったじゃないの。
どんだけ、リモコンコントロールが好きなんだよ。笑
IMG_7464.jpg

嵐のような彼らが去って、静かさに安堵していたら、息子からラインが入りました。
「長野の帰りに寄ります。直ぐ帰るから夕飯はいらない。」と。

夕方6時半、息子と彼女さんが来訪。
玄関先で、手土産を渡され「顔見たから、帰るね。」
「寒いから、熱いお茶の一杯も飲んでいきなさいよ。」と、招き入れて、慌ただしく近況のやりとり。
コロナ禍で、進まない彼らの結婚話については、敢えて口にしませんでした。

車の中で食べられるように、稲荷寿司とラスク、ペットボトルのお茶を、手土産代わりに持たせて、早々にお別れ。
数分後に「コロナが落ち着いたら、またゆっくり寄るよ。」と、ラインが入りました。
彼が、こんな大人な社交辞令が出来るようになったのも、彼女さんのおかげに他なりません。
息子も素直でイイ子(親バカです/笑)だけど、それ以上に、彼女さんはしっかり者の良い娘さんです。

遅い夕食を食べ終わる頃には、我らがシニア夫婦&後期高齢者の3人家族は、口数も減って疲れが隠せませんでしたね。

そんなことで正月3日も、昼風呂入って、昼ビール飲みながら箱根駅伝ゴールシーンを、感激しながら観る予定だった心子さんの願いは、はかなく散りました。

思いがけずに忙しく、疲労で体は重かったけれど、心は軽い、2021年3日目の夜でした。






  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

正月の掟

こんにちは、心子です。

寝室のテレビの音で、目が覚めた朝でした。
(ああ、箱根駅伝ね。)
駅伝が大好きな相方が、自分のベッドの中から観ていました。
スタートはまだでしたが、放送は始まっていました。
(しょうがない、そろそろ起きるか。)
誰も帰省して来ないとは言え、2021年2日目にして、このだらしなさです。笑

ハハ・87歳は、昨日のニューイヤー駅伝を観てから覚醒(苦笑)したらしく、今朝はシャッキリしていました。

我が家では、駅伝テレビ観戦が、正月の掟のようになっていて、毎年みんなで大騒ぎしながら観るのが常でした。
今年は静かなので、のんびりとソファに腰掛けて、アイスクリームなど食べながら観られましたよ。

IMG_7450.jpg

テレビ観戦に飽きたので、途中で風呂に入りました。
入浴剤をたっぷり入れて、の~んびりと昼風呂です。
風呂上がりに、駅伝五区のゴールシーンを、ビールを飲みながら観戦。

静か過ぎて、持て余し気味だった時間を、好きなコトにだけ費やす。
ああ、もう最高ーっ!
昼風呂&昼ビールを、駅伝観戦に加えて新しい正月の掟にしようかな。

オヤツ食べ放題も掟にしてくだしゃい。
IMG_7456.jpg




  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

2021年元旦、相変わらずの家族模様

あけましておめでとうございます、心子です。

2021年の元旦は、寒い朝でした。

相方は、ライムを連れて初日の出を見に行きましたが、心子さんは拒否!
だって、寒くて、寒くて・・・!

遅めの朝食は、相方と心子さん、ハハ・87歳の3人だけで、
重箱に切って並べただけの簡単なお節と、焼いて海苔を巻いた磯辺餅をいただきました。

誰も帰省して来ない、こんな静かな元日は、初めてです。

そんな中、どさくさに紛れて禁断の "テーブルもらい食い”

とーちゃん、何食べてるでちか?ライムにもちょうだい
IMG_7446.jpg

あーんっ。
IMG_7447.jpg

パクリ。
IMG_7448.jpg

あ~あ。。。 ダメじゃん。

正月くらいイイじゃないか。

もっとショーガツ食べたいでしゅ。
IMG_7445.jpg


餅を焼いている間に、ハハ・87歳は、自分の分だけでは足らずに、心子さんの分のエビまで全部食べちゃいました。
ニューイヤー駅伝のことを何度も聞いてきて、何度教えても、マラソン、マラソンと言ってたし・・・。
静か過ぎて、刺激がなくて、ハハがすっかり呑気(ボケ or トボケ?)になって困ります。

安心して家族みんなが集まって、乾杯出来る日が、早く来ますように。

今年も、よろしくお願いいたします。





  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
健康で真面目って、意外と努力が必要なことなのね。2017年3月に大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り1
お気に入り2
FC2カウンター