fc2ブログ

蜂と靴下

こんにちは、心子です。

蜂に刺されたことありますか?
心子さん、60年の人生で初めて、蜂に刺されました。

今朝のことです。
パジャマを着替え、靴下に左足を入れた途端に、ガツン
チクッではなく、ガツンでした。
そして、左足裏の土踏まずに、ずんずんと重い痛みが広がり始めました。
(今のは何?!)
恐る恐る靴下を裏返してみたら・・・、ヨロヨロと蜂が出て来ました。

とりあえず、裏返した靴下と、そこにくっついていた蜂を、玄関外に放り投げて、片足でぴょんぴょんしながら、洗面台へ向かいました。

刺された左足を、洗面台に突っ込んで、ぬるま湯をシャーシャー掛けながら、刺された土踏まず部分をギュウギュウと押し出しましたよ。蜂の毒が流れ出されるかなって思いましてね。

虫刺され薬のムヒが見つからなかったので、代わりに市販の手指用アルコールで消毒しました。
効き目があるか疑問ですが、ヒヤっと冷たくて気持ち良かったです。笑

鈍くて重い痛みが残っているので、刺されて赤くなった部分にサロンパス貼りました。

ソファに腰掛けて、自分自身の様子をうかがっていましたが、特にめまいやフラつき、呼吸困難などのショック症状はなかったので、医者には行きませんでしたが、行くべきだったのでしょうか。

一段落して、玄関に放り投げた靴下のことを思い出し、回収に行ったら、そこには蜂はもういませんでした。
ミツバチのように丸くなく、スズメバチほど大きくない蜂でしたね、もしかしたらアブの仲間か??
寒いので、心子さんの靴下の中で越冬するつもりだったのかな。

幸い痛みのわりには腫れは小さくて、正午ごろには、違和感はあるものの、朝のような痛みは無く、普通に歩けるようになりました。サロンパスの効き目でしょうか?(笑)

衝撃的な月曜日でありました。


蜂には、靴下よりも、花の方が似合うと思うよ。
4007667_s.jpg





  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

スポンサーサイト



プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
1960年生まれ、健康で真面目なふりして生きてます。子供2人を帝王切開、1992年に乳癌ステージIIbで手術&化学・放射線治療、2017年には、大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。戦国武将に劣らない傷痕だらけの身体が自慢(?笑)。残る人生、楽しむだけに費やしたい。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村 あのね、心子さん。 - にほんブログ村
FC2カウンター