fc2ブログ

家路

こんにちは、心子です。

車を運転するのは嫌いではありません、むしろ好きな方かもしれません。

先週の会津旅行の時も「帰りは運転させて」そう言っておいたので、帰路は、心子さんが運転しました。
白河ICで高速道路に入れば、数時間くらいで帰宅です。

運転を交代して、助手席に座る相方ですが、これが、うるさい、うるさい。
「ブレーキが乱暴だな」
「ハンドル切るのが遅い」
「ウインカー出したか?」など、
ちょいちょい、口を挟んできます。

初心者じゃないんだからさ~、心子さんだって何十年間も運転してきてるし、免許証はゴールドよ、ゴールド!

最初は聞き流していましたが、ついに心の声が口に出てしまいましたよ。
「いちいち、うるさいなあ。助手席に慣れなさいよ。」
「アタシだって、隣にいて思うことあっても、言わないでいるんだよ。知ってた?」

しばし、沈黙。。。。。

隣でゴチャゴチャ言われてうるさいので、車線を変更して前の車を追い越すことを止め、追従走行システムに切り替えました。先行車で前を走るトラックは、速度80キロを保ち続けて走っていました。

「追従システムは慣れると楽だけど、前のトラックが遅いから眠くなっちゃうよ。目覚まし代わりに、何か気の利いた話しでもしてくれないかな。」
「おいおい、居眠り運転は止めてくれよ。」
「それはどうかなー。死ぬときは道連れよ。気がつけば天国って悪くないよね。」

そんなふうに脅したら(?笑)、助手席の相方が、ぼちぼちと話し始めました。

案の定、過去にも聞いたことがある話題でしたけれどね、初めて聞いたふりしながら、運転を続けましたよ。

この先、心子さんのポンコツ心臓がどれくらいもつか、その上に、右目の視野に問題があるので、遠乗りの運転が出来るのは、長くてあと10年くらいかな。

この歳になると、夫婦間の多少のイザコザなどは、全然心に刺さりません。
しかも、自分に都合の悪いことは、さっさと忘れる主義なので。笑

かくして、一緒に天国へ行くこともなく、無事に旅行を終えることが出来たのでした。


IMG_6605_20200925202217802.jpg






  にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ 

スポンサーサイト



プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
1960年生まれ、健康で真面目なふりして生きてます。子供2人を帝王切開、1992年に乳癌ステージIIbで手術&化学・放射線治療、2017年には、大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。戦国武将に劣らない傷痕だらけの身体が自慢(?笑)。残る人生、楽しむだけに費やしたい。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村 あのね、心子さん。 - にほんブログ村
FC2カウンター