FC2ブログ

決心

こんにちは、心子です。

めまいや疲れの原因が、大動脈弁閉鎖不全症であり、手術が必要と医師に言われてから本気でいろんなことを考えました。

家族、仕事、費用のことなど。
すでに子供達は大人になり、手もかからず、お金もかからないし、仕事なんて私の代わりはいくらでもいます。これらは事前に折り合いをつければ都合で乗り切れる問題でした。

心子さん自身の中で折り合いをつけなければならないことは「術式」でした。
弁置換術か形成術か、次の受診までに決心して循環器内科の担当医師に自分の意思を告げなくてはなりません。

なぜならば、かかりつけとなった循環器内科は自分の住んでいる地域医療圏内で唯一で最大の総合病院にありますが、実際に手術を行える心臓血管外科はその病院にはありません。検査は行えますが、手術となれば検査結果と紹介状を持って心臓血管外科がある別の病院へ行くしかないのです。弁置換術ならば幾つか選べますが、形成術となると限られます。

ネットで情報を集め、調べられるだけ調べて、自分自身が納得できる術式は形成術であると決心しました。
東邦大学医療センター、大橋病院 心臓血管外科の尾崎教授が中心となって全国的に広めている術式自己心膜を使用した大動脈弁形成術です。

この術式を希望した理由は、「異物を入れないから体に優しい」でした。
逆に新しい術式だけにデータは少なく「術後、形成した弁はどのくらいの年数もつのか?!」はまだ不明なままです。
ちなみに、弁置換術で人工弁を入れた場合は耐久性は長いですが血栓予防のために抗血液凝固剤を服用し続けなければなりません。生体弁の耐久性は十数年年間くらいと言われています。

どの術式を選んでも、自分の場合は再手術の必要の可能性はあるのです。
だったら最新の術式を選んで「挑戦者」になってみようと決めた心子さんでありました。

スポンサーサイト



大動脈弁閉鎖不全症

こんにちは、心子です。

疲れやすさ、ふっと起きるめまいの自覚症状を感じるようになってから、2ヶ月間くらいは耳鼻科に通ったでしょうか。
過去の記憶を思い出して循環器科を受診し、検査した結果、「大動脈弁閉鎖不全症」と言う立派な病名がついた心子さんであります。

大動脈弁閉鎖不全症とは、弁膜症の1つです。心臓に4つある弁のうちの1つである大動脈弁がきちんと閉じないために、血液が逆流してしまう症状が起きるわけです。ポンプとしての役割である心臓がポンコツになってしまったのです。
(弁膜症、大動脈弁閉鎖不全症についてはこちらのサイトがよくわかります、参考までに。)

「先生、心臓病ってことは危ない病気ですよね?」
「直ぐにどうこうってわけではありませんが、無理は禁物です。」
「で、これからどうしたらいいのですか?」
「BNPとEFから診てすでに手術適用の時期かもしれません。悪くなってから手術すると予後がかんばしくないと言う報告があります。早めに心臓カテーテル検査をしましょう。」

心子さんは、心臓造影カテーテル検査は経験済みでありますので、たいして動じませんでした。
”また、あの検査かぁ~。有給をとるか・・・。” くらいの心構えでした。

「先生、手術ってどんな手術ですか?」
「一般的には弁置換術といって人口弁にする方法ですね。最近は、自分の心膜を切り取って弁にして縫い付ける形成術というのもありますよ。ここのね(と、先生は自分の胸を指さして縦に動かしました。)胸骨を切って開くから大きな傷跡ができちゃうねー。」

いえ、ワタクシ心子は傷跡についてはすでに色々とございますので、さほど気にはしません。

「先生、今も毎朝何種類かの薬を飲んでいるわけですけど、人工弁だとさらにワーファリンを飲み続けることになるんですよね?」
「そうね、人工弁だとね。でも人工弁の生体弁ならワーファリンは半年間くらいかなぁ。自己心膜の形成弁ならばワーファリンは要らないらしいね。その時には良い外科の先生を紹介しますから。先ずはカテーテル検査してからね。」

「自己心膜の形成弁って初めて聞くんですけど、保険適用の術式なんですか?」
「そうそう、最近ね適用になったらしいよ。先ずは検査してからだからさ、それまでにネットとかで術式調べてメリット、デメリットを比べてみたらいいよ。」
「そうですね、そうします。」

顔見知りで気さくな先生だからさ、こんな会話ができたけど、正直言って実はけっこう動揺した心子さんでありました。
そして、興味は”自己心膜を使用した大動脈弁形成術”に移り、それで頭の中がいっぱいになったのでありました。

いやぁ~、胸骨を切り開く手術について聞かされるとは。
その時は、さすがに手術についての心構えはできていませんでした。
自分に出来ることは・・・、ネットで調べてみなくっちゃ! でしたね。(^^;)

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

BNPからの。。。

こんにちは、心子です。

2015年、白内障の術前検査で発覚したBNPの高値についてのその後です。
(BNPについてはこちらのサイトがとてもわかりやすいので、参考にしてみてください。)

「BNPが高いので、白内障の術後が一段落したら超音波や心電図などの検査をしましょう。」
循環器科の医師からそのような指示を受けました。

白内障の術後は順調でその頃は、眼の不自由さから解放されてお洒落な眼鏡にハマりました。手元が良く見える”仕事用メガネ”、遠くが良く見える”運転用メガネ”、遠近両用の”普段用メガネ”。結局は3つもメガネ作ってしまいました、ふふふ。

そして、いつも通りにほぼ毎晩の晩酌と、月に一度くらいの温泉旅行を楽しんでおりました。(^^)

2016年6月には二人目の孫が出来ました。

そんなかんだでハシャギ続けていた心子さんでしたが、2016年の秋ごろからなんだか体調が・・・。疲れやすくなり、めまいを感じるようになったのです。

めまい=耳鼻科か?と考え、先ずは耳鼻科を受診してみましたが、変化は無しでした。

そうだ!循環器科の医師から検査を受けるよう言われていたんだわ!
ふと思い出し、自覚症状が出てからようやく本気で検査を受けた心子さんなのでした。

1年間も放置したまま、眼科→循環器科→耳鼻科→循環器科へ舞い戻ったのですね(苦笑)。
採血、レントゲン、心電図、心臓超音波などの検査を受けて、
「大動脈弁閉鎖不全症」と言う立派な病名をいただく結果となったのであります。

いやぁ~、まいったなー
どうしましょ、心子さん。
プロフィール

心子(シンコ)

Author:心子(シンコ)
健康で真面目って、意外と努力が必要なことなのね。2017年3月に大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
お気に入り1
お気に入り2
PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
FC2カウンター