イケメン探しの臨戦態勢で

こんにちは、心子です。

サッカーワールドカップ、楽しんでいます。
ボールもプレイヤーも動きっぱなしのサッカーは、観ていて飽きません。

ドイツ代表チームのヨアヒム・レーヴ監督、渋くてダンディ、大人の男の魅力に魅かれます。
平たい顔族の心子さんは、長身で金髪碧眼の北欧、ヨーロッパ選手は全部イケメンに見えちゃいます。
モロッコ代表チームの監督、白いシャツに色気を感じさせるイイ男でしたワ。
C・ロナウド選手、もみあげと襟足が剃り込み過ぎだわよ。

(えっ? サッカーの楽しみ方 違ってます?? )

今夜もテレビに向かって、イケメン探しの臨戦態勢で寝転んでいると・・・。

両足の間に、にょっきり。

かあちゃん、アタシのことも見て見て。
だって、アンタ 女の子だし、イケメンぢゃないしー。
IMG_0867.jpg

カッコいいっしょ。
ポーズつけてどうするの、意味わからないし。
IMG_0869.jpg

ZZZ・・・・・
寝るんかい!
IMG_0873.jpg

ワンコには、サッカー観戦の楽しみは分からないのねと思った心子さんです。



50歳代ランキング

心臓・血管・血液ランキング



スポンサーサイト

心臓負荷試験とエコー検査

こんにちは、心子です。

19日(火)は、心臓リハビリの医院で心臓負荷試験とエコー検査の日でした。

負荷試験はエルゴメーターで行います。
結果は残念なことに、前回よりも下がりました。

最大酸素摂取量は、3.6メッツで、普通の50歳代女性の53%です。
有酸素運動は、2.4メッツで、普通の50歳代女性の52%です。
運動中の脈拍は、87/分までが目安。
エルゴメーターの設定は、17ワット、トレッドミルは2.9km/時間。
運動時間は、1回30分、週3~5日となりました。
運動処方

5月に動き過ぎでBNPが上がったので、運動量を自分なりに減らして休養を増やしたことと、薬の処方が変わって1週間未満、先週は体調の変化があったことも影響している可能性はあるらしいようです。
6月の採血結果では、BNPが下がったので、天気の様子に合わせて自転車通勤と散歩を組み合わせて、運動量を調節することにします。

運動のし過ぎは、心不全の悪化をまねくことは承知だけれど、孫の子守りは拒めないワ。
この辺は、水前寺清子式かな”3歩進んで2歩下がる♪”気長に対処していくつもりです。
生活を楽しみながら、病気と向き合い、折り合いをつけるって意外と難しいのよ。

エコー検査の結果は・・・、

「鼓動に横揺れがあるのでEF(駆出率・ポンプ能力)の数値は参考にならない。」
と、及び腰に医師が言う。
そこを心子さんは、突っ込んだ。
「今に始まった横揺れではないのだから、前回の横揺れ幅と大差ないままならEFを”比較”することは出来るでしょ。」と。

ここ、心臓リハビリの医院のエコー機械は、映像を3D化して細分化数値が出せるので、循環器科で通っているT病院のエコーよりずっと優れものなのです。心子さんは、ここの心臓リハビリの医師のそんなマニアックな部分が好きで通っているようなものなのですから。

結局、EFは約30%で前回とほぼ同じ。
角度を変えて鼓動によっては48%の時もあるが、これは比較外で患者を喜ばせるためだけの数値だろう。
逆流も前回と変わらず。
レベルⅠ弱くらいはあるが(大動脈弁に関しては極小)、術前より改善しているし現状維持していきたい。

問題は、心臓の鼓動の横揺れ。
どうしたらこの問題が改善されるのかは、誰も教えてくれません。

ご高齢の患者さんなら、医師はこう言えば済むのかもしれませんね。
「心臓は動いているからね、きちんとお薬飲んで、しっかりご飯たべてくださいね。」って。

心臓リハビリの先生&循環器科の主治医、心子さんは、面倒くさい患者でごめんなさーい!
でもね、素人には、BNPとEFと胸郭比が一番分かり易い指標なのよ。
手術のタイミングが遅かったので、予後は自分の期待に副わないことも承知しています。
ゆっくりでも、普通に生活出来るまでになったことには感謝してます。

でも、もう少しだけステップアップしたい心子さんであります。



心臓・血管・血液ランキング

50歳代ランキング

慣れる。

こんにちは、心子です。

6月12日に変更処方された薬に、体が慣れてきました。
沢山の薬を服用することになって以来、自分の体の中の変化に敏感になったようです。

今回は、アーチスト錠、1.25mg×3錠×朝・夕2回が、4錠×朝・夕2回に増量されました。今までも、この薬が増量されると脈が飛ぶような感じが現れていました。服用後、30分〜1時間後くらいで脈の乱れを感じ、その症状は3〜4日くらい続き1週間くらいあります。
症状が少なくなり自然消滅すると、あぁ、体が薬に慣れたのだなと。

今回は、利尿剤も処方変更しました。
フロセミド20mgとフルイトラン1mgの組み合わせを、フロセミド20mgとスピロノラクトン25mgの組み合わせに変更していただきました。服用を始めてから3日間は尿量が減り、浮腫みはなかったけれど体重が500〜700gくらい増えました。土曜日から尿量が増えて、今では体重は元どおりになりました。
あぁ、こちらも体が薬に慣れたのだなと。

心臓血管外科があるS病院(500床以上)を退院して、地元の循環器科があるT病院(300床以上)に戻り、循環器科の主治医と検査結果や処方を共有して、色々と突っ込んだ話しが出来るようになったなと思えるまで1年間。

処方は変わっても体は早くに順応します。

体が薬に慣れるより、心が主治医に慣れるまでの方が時間がかかったなと気づいた心子さんです。



心臓・血管・血液ランキング

50歳代ランキング





心の傷

こんにちは、心子です。

この季節、胸元が開いた服を着ると、手術の傷跡が見えてしまいます。

傷跡


胸骨正中切開の手術でしたので、
両鎖骨の真ん中辺りの高さから、みぞおちのちょっと下くらいまで、
およそ30㎝近くの縦の傷跡が残っています。

更に、お臍の下には出産時の帝王切開の傷跡もあります。

両方を合わせると、体の正面のほぼ上から下まで、手術痕がある心子さんです。

知らない人が見たらビックリするでしょうね。
(知らない人に見せることありませんが/笑)

この歳ですから外見上の問題は大きくなく、残った傷跡に気を留めることもなく生活してます。けれど、胸元にある傷跡に気付いて、見てはいけないモノを見てしまった、と感じる方もいるかもしれません。

周囲に気を使わせては返って申し訳ないので、外出の時には、スカーフやハイネックなどで見せない配慮には心がけてはいます。暑い日には、そんな配慮が負けてしまうことしばしばですが・・・。

土曜日のミュージックフェア、高橋真梨子デビュー45周年スペシャルでしたね。
ペドロ&カプリシャスの時代からのファンです。
懐かしく聴き入りました。

曲の1つ「はがゆい唇」を久しぶりに聴いて、ふと思ったのです。

    はがゆいのよ その唇
    キスする場所 間違えてる
    心の傷なら そんなとこにない

もし、今の自分の手術痕が20~30歳代の頃の若い自分にあったらと想像してみました。
もし、若い女子が体の真ん中に30㎝もの大きな傷跡のある自分の姿を見たら、きっと悲しい気持ちになるのでしょうね。

58歳の心子さんは「年金もらうまでは生きてやるワ。」とか、
「ハハより先に逝くなんて悔し過ぎる。」などと、
邪心に支えられて辛抱し、
1年以上経ったこの夏になって、
元通りとはいかなくても、通常の生活が送れるようになってから、
初めて自分の傷跡と服装の配慮に気付いたワケでして。。。

あ〜、そうだったのね。

最近話題の、小切開心臓手術(MICS=ミックス)のメリットの1つは、傷跡が小さいことにもあったのですね。
すでに先を見つめていて心の傷にまで配慮していたのかもしれないわけで。
医術の進歩は、意外と広い視野を持ち合わせているのかもしれませんね。

患者サイドの心子さんは、術後の苦しさの中で、自身の生き残りを目指すことだけに精一杯で、見えてなかったことがたくさんあったと今更気がつきました。きっとこの先も、先ずは自分サイドから見える物事の一面とだけ戦う能力しかないだろうけれど、この体の真ん中の大きな傷跡が、別の面も、別の見方もあるよと、後からそっと教えてくれるに違いない、そう思いました。

”懐かしい曲から 新しい別の何か”を、教えてもらった心子さんでした。



50歳代ランキング

心臓・血管・血液ランキング





トリミング

こんにちは、心子です。

愛犬のトリミング予約は、8月22日です。
まだ2ヶ月も先です。

今朝のお顔。
目の周りの境界が分からず顔の中心部はほぼ黒。
201806161303489fd.jpeg
体は、すでにモシャモシャ。
2か月後には、間違いなく「羊」になっていることでしょう。
雨の日に散歩行くと、体育館のモップ状態に変身します。
20180616130350e69.jpeg

耐えられなくなった心子さんは、自宅のバリカンでトリミングを決行しました。

耳が未だ中途半端な仕上がりですが、
とりあえず表情が読み取れる程度に目が現れました。
向かって右側の鼻横は、切り過ぎました。
失敗ってヤツですね、オホホホ。。。
20180616130350789.jpeg
丸刈りと言う名のサマーカットの予定でしたが、
執拗な抵抗のため、爪先にムラに刈り毛が残りました。
ま、それはそれで可愛いと思うことにします。
20180616130352da5.jpeg

下腹部のぽっこり感が、飼い主にそっくり。
「トリミング代、5000円になりまーす。」と、言ってみたけれど
解放された喜びに満ちた愛犬の顔だけが そこにあるのみ。

細かな仕上げは、2か月後のプロトリマーさんに任せることにしよう。
多分その頃は、「羊」化してるだろうけど・・・。

雨の日曜日、半日でクタクタになった心子さんです。



50歳代ランキング

心臓・血管・血液ランキング

プロフィール

心子(シンコ)さん

Author:心子(シンコ)さん
もう誰にも気を使わずに勝手気ままに、気楽に生きたいお年頃。健康で真面目って、意外と努力が必要なことなのね。

2017年3月に大動脈弁閉鎖不全症のため「自己心膜を使用した弁形成術」を受けました。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
参加しています。気に入っていただけましたら、ポチッとよろしくお願いします。↓
最新コメント
FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR